お子さんの自由研究のヒントに-「もいわ山 自由研究博覧会2013」7月27日(土)~8月4日(日)

お子さんの自由研究のヒントに-「もいわ山 自由研究博覧会2013」7月27日(土)~8月4日(日)

111
シェア
お子さんの自由研究のヒントに-「もいわ山 自由研究博覧会2013」7月27日(土)~8月4日(日)

[box type=”shadow” ]お子さんの自由研究のヒントに-「もいわ山 自由研究博覧会2013」7月27日(土)~8月4日(日)

引用元:札幌もいわ山ロープウェイ – 北海道の観光名所

[/box]

-夏休みDA!

今日から札幌市内の小中学校は夏休みです。

北海道の夏休みは本州に比べて短くて、2学期は小学校が8月20日から、中学校は26日から始まります。

そのかわり冬休みが長いんだけどね。

-自由研究は何にする?

子供たちの頭を悩ます自由研究。へんしゅうちょうは何したっけな?カブトムシの成長記録だったか。

あ、そうだ紙ねんどで北海道の立体地図模型をつくったっけ、1メートル四方ぐらいのばかでかいやつ。

札幌っ子の親御さん、明日から藻岩山でお子さんの自由研究のヒントになるかもしれない「もいわ山 自由研究博覧会2013」が始まりますよ。

 -「小さい岩山」という意味の藻岩山

標高531mの藻岩山はもともとアイヌ民族にとっての聖地で「インカルシペ」と呼ばれていました。

しかし、明治時代になり開拓者が「小さい岩山」という意味の「モイワ」と呼ばれていた「インカルシペ」の隣の山を取り違えて呼ぶようになり定着してしまったという経緯があります。

都心からも近いこともあり、山頂展望台からの眺めをもとめて市民のみならず多くの観光客が訪れるスポットとして知られています。

2011年12月には周辺施設の改装を行い、「もいわ中腹駅」から「山頂駅」までを新型ゴンドラ「もーりすカー」が運行を開始しました。

[box type=”shadow” ]もいわ山からの夜景

もいわ山山頂からの夜景

[/box]

-利用者数の低迷

改装し綺麗になった「もいわ山ロープウェイ」なんですが利用者数は目標値の60%ほどと低迷しているようです。

ロープウェイともーりすカーのセット料金で往復(大人1,700円/小人850円)、片道(大人900円/小人450円)の利用料金の高さなどが原因と見られているんだけど、決して高くはないと思うんだよね。

上の画像のように山頂からの夜景はもう見事のひとことだし、あのメガスターを開発したプラネタリウムクリエーター大平貴之さんによって生み出された新世代のプラネタリウムを毎日上映しているし、270度のガラス面からの夜景を見ながらの高級感のあるレストランで食事はできるしでぜひとも1回行っていただきたいと強くオススメできるスポットに生まれてかわっています。

とはいえ、とにもかくにもまず人を呼ばないといけないので、交通料金は安めに設定していただいたほうが行きやすいのは確かだね。

-イベント盛りだくさん

そんな藻岩山で明日から来月4日(日曜日)までの9日間行われるイベント「もいわ山 自由研究博覧会2013」では自由研究のヒントとなるかもしれない「森のクラフト会場」「自由研究博覧会親子スペシャル講座」「野生の花&キノコ観察会」など色々なイベントが盛りだくさん。

8月4日はもいわ山ロープウェイ中腹駅フォレストギャラリーにてススキノの怪談ライブバー「スリラーナイト」の協力で「もいわ山・怪談ナイト」も。へんしゅうちょう、怖いから絶対行かないけど、心霊好きな方にピツタリなイベントではないでしょうか。

また7月27日~8月20日までの期間限定で「ゆかた割引」と題して浴衣で来場の方はロープウェイが特別料金(大人1,000円/小人500円)となる嬉しい企画もあるので、カッポーで浴衣de夜景デートなんかいいよね。

 

[highlight]参考URL[/highlight]

札幌もいわ山ロープウェイ – 北海道の観光名所

SAPPORO もいわ山公式サイト もーりす通信

・公式ツイッター「https://twitter.com/moiwaropeway」

・公式フェイスブック「https://www.facebook.com/Mt.moiwa.ropeway」

大平貴之 – MEGASTAR(メガスター)