【明和工業/“雨水博士”村瀬誠/日立の海水淡水化技術】未来世紀ジパング「世界を救う日本の水ビジネス」-9月8日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/吉村和就(グローバルウォータ・ジャパン)】

【明和工業/“雨水博士”村瀬誠/日立の海水淡水化技術】未来世紀ジパング「世界を救う日本の水ビジネス」-9月8日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/吉村和就(グローバルウォータ・ジャパン)】

105
シェア
【明和工業/“雨水博士”村瀬誠/日立の海水淡水化技術】未来世紀ジパング「世界を救う日本の水ビジネス」-9月8日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/吉村和就(グローバルウォータ・ジャパン)】

テレビ東京系列で放送している「日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」は、日本経済新聞社が番組制作に協力する「日経スペシャル」第3弾。

最新の経済事情の現場を取材し、沸騰ナビゲーターとゲストとの対談を通して経済をわかりやすく伝える内容となっています。

2014年9月8日(月)22時からの放送は、「世界を救う日本の水ビジネス」をお届けします。

日本では蛇口をひねると飲用に適した美味しい水が出てくるのは当たり前ですが、世界に目を向けると7億8,000万人もの人が日々の飲用水を手に入れられない状態にあるそうです。

今回は、マニラ、バングラデシュ、モルディブで行われている日本の技術を使って安全な水を届ける取り組みについて紹介します。

-フィリピン

フィリピン・マニラには水道は通っているが、水道管や給水タンクの補修が行われておらず、水質が悪いという問題が。その問題に、山梨県にある社員13人の中小企業「明和工業」が立ち上がった!同社は、砂を使ったこれまでにない画期的な濾過装置を開発。はたして、効果は!?

明和工業株式会社浄水事業部

山梨の明和工業、薬剤使わず濁水処理するろ過装置開発  :日本経済新聞

-バングラデシュ

同国の農村部では、水道はなく人々は井戸水を汲み上げて利用している。だが、バングラッシュでは地下水にヒ素が含まれている地域が多く、じつに2,000万人以上の人が基準値を上回るヒ素が含まれた水を飲んでいるのが現状。

このような状況を打破すべく現地で活動する日本人がいた。東京都墨田区保健所の元職員で、井戸水ではなく雨水を効率よく利用する方法で人々に安全な水を提供していた。その方法とは!?

村瀬誠さん(墨田区職員、“雨水博士”) : プレジデント(プレジデント社)

天水研究所

-モルディブ

インド洋に浮かぶ島国モルディブでは、人口の急激な増加によって地下水が枯渇し、海水が混じるように。しかし、日立が持つ逆浸透膜を使った海水淡水化技術で、海水を真水にろ過して水問題は解決。

「南洋の楽園」の水問題を解決する、日立の水プロジェクト:日立の社会イノベーション事業

MCは、SHELLY。進行は、大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)。

沸騰ナビゲーターは、吉村和就(グローバルウォータ・ジャパン)。

ゲストは、米倉誠一郎、宮崎美子、ガウ(フィリピン人)。

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~|テレビ東京

未来世紀ジパング (miraiseiki_zipa) on Twitter

日経スペシャル 未来世紀ジパング | Facebook

photo credit: World Bank Photo Collection via photopin cc