【ゲスト:高田万由子(たかたまゆこ)】開運!なんでも鑑定団「清水次郎長に山岡鉄舟が手紙を!?」-9月9日(火)20時54分~【江戸開城を導いた英雄と東海一の大親分との関係】

【ゲスト:高田万由子(たかたまゆこ)】開運!なんでも鑑定団「清水次郎長に山岡鉄舟が手紙を!?」-9月9日(火)20時54分~【江戸開城を導いた英雄と東海一の大親分との関係】

108
シェア
【ゲスト:高田万由子(たかたまゆこ)】開運!なんでも鑑定団「清水次郎長に山岡鉄舟が手紙を!?」-9月9日(火)20時54分~【江戸開城を導いた英雄と東海一の大親分との関係】

テレビ東京系列で20年以上にわたり放送されている鑑定バラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」、2014年9月9日(火)20時54分からの放送は「清水次郎長に山岡鉄舟が手紙を!?」をお届けします。

ゲストは、高田万由子(たかたまゆこ)。

今回は、江戸開城(江戸城明け渡し/江戸無血開城)を実現に導いた、山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)の書簡が登場。それは、東海一の大親分とうたわれた山本長五郎こと清水次郎長にあてたものだった!

驚きの鑑定結果は!?

[box type=”shadow” ]応4年(1868年)3月、東征大総督府から駿府町差配役に任命された伏谷如水より街道警固役を任命され、この役を7月まで務めた。

同年8月、旧幕府海軍副総裁の榎本武揚が率いて品川沖から脱走した艦隊のうち、咸臨丸は暴風雨により房州沖で破船し、修理のため清水湊に停泊したところを新政府海軍に発見され、見張りのため船に残っていた船員全員が交戦によって死亡した。その後逆賊として駿河湾に放置されていた遺体を、次郎長は小船を出して収容し、向島の砂浜に埋葬した。新政府軍より収容作業を咎められたが、死者に官軍も賊軍もないと言って突っぱねたという。当時、静岡藩大参事の任にあった旧幕臣の山岡鉄舟は これを深く感謝し、これが機縁となって次郎長は明治において山岡・榎本と交際したとされる。

引用元:「清水次郎長」(2014年4月5日 (土) 09:13(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/清水次郎長

[/box]

司会は、石坂浩二、今田耕司。進行アシスタントは、吉田真由子。

ゲストは、高田万由子。

出張リポーターは、石田靖。ナレーターは、銀河万丈、冨永みーな。

鑑定士軍団は、中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)、永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)、田中大(「思文閣」代表取締役)、増田孝(書蹟史家)。

開運!なんでも鑑定団|テレビ東京

photo credit: Michael Till via photopin cc