いつかは乗りたい!大型クルーズ船「飛鳥Ⅱ」が稚内に初寄港

いつかは乗りたい!大型クルーズ船「飛鳥Ⅱ」が稚内に初寄港

115
シェア
MS Emerald Princess

日本最大のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」が7月28日(日曜日)、道北の稚内に初寄港した。

入港セレモニーが行われ、船長の挨拶、花束の贈呈、稚内の郷土芸能「稚内海峡太鼓」の披露など稚内市の工藤広市長らの歓迎を受けた。

「飛鳥Ⅱ」は「夏の北海道・サハリン クルーズ」の途中で、7月23日に横浜を出港し、函館、コルサコフを経ての入港。現在はちょうど、小樽に寄港しているところ。

全長241m、客1人あたりのスペースはゆとりある世界トップレベル、クルーズ専門誌による読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」を15年続受賞した「飛鳥Ⅱ」にいつか乗ってみたいなあ。いつか・・・

 

[box type=”shadow” ] 鳥II(あすかツー)とは、日本郵船の子会社、郵船クルーズが所有・運航している外航クルーズ客船である。2006年2月に売却された「飛鳥」の後継船にあたる。

1990年6月、「クリスタル・ハーモニー(Crystal Harmony)」(バハマ船籍)として三菱重工業長崎造船所で竣工し、アメリカのクリスタルクルーズ社(日本郵船の子会社)に就役した。三菱重工業長崎造船所で大型客船を建造するのは実に50年ぶりであり、知識ゼロの状態で設計・建造された。建造期間は契約後2年間であり、通常の大型客船の3年前後と比較すると短期間で建造された。

2006年1月に郵船クルーズが本船を買い取り。日本市場向けの改装を施し、2月末よりの習熟航海を兼ねた日本各地でのお披露目を経て、3月17日に正式デビューした。

2013年7月時点で、日本籍では最大の客船である。

引用元:「飛鳥II」(2013年7月12日 (金) 16:21(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/飛鳥II

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

ワンナイトクルーズから世界一周クルーズまで客船「飛鳥II」による快適な海の旅を | 郵船クルーズ株式会社

飛鳥2のご紹介|クルーズ JTB

稚内市

photo credit: ragingwire via photopin cc