JR北海道のトラブル、ここに極まる。覚せい剤取締法違反容疑で運転士を逮捕

JR北海道のトラブル、ここに極まる。覚せい剤取締法違反容疑で運転士を逮捕

111
シェア

ここ最近、トラブル続きのJR北海道ですが、こんどは運転手が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕とのこと。

不祥事、ここに極まるといった感じなんだけど、ほんと一体どうしちゃったの?

覚せい剤を使用した状態で運転していた可能性もあると書いてあるんだけど、スペインで起きた高速鉄道の脱線事故のようなことが起きる可能性も充分あったということだよね、恐ろしい。

眠気を吹っ飛ばして勤務しなければいけないほど過酷な労働環境だったんだろうか?と邪推してしまうほどもはやJR北海道への信頼感は0ですわ。といっても逮捕された運転手はただの薬物中毒ですね。

[box type=”shadow” ]北海道警は30日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、JR北海道の運転士木村昌弘容疑者(30)=北海道江別市高砂町=を逮捕した。

木村容疑者は「今は何も話せない」と話しているという。道警は覚醒剤の影響を受けた状態で運転していた可能性があるとみて調べている。

JR北海道によると、木村容疑者は岩見沢運転所(岩見沢市)に所属し、千歳線や函館線の運転を担当していた。同社は「安全輸送の確保とお客様からの信頼回復に向けて全社一丸となって取り組んでいる中、逮捕された内容が事実であれば誠に遺憾。深くおわび申し上げる」としている。

木村容疑者の逮捕容疑は、7月中旬ごろから30日までの間、道内で覚醒剤を使用した疑い。

調べに対し木村容疑者は、27~29日は休みで30日は出勤する予定だった。

運転に覚醒剤影響? 容疑のJR北海道運転士を逮捕
2013.7.30 16:49

[/box]

photo credit: marimoon via photopin cc