ソロモン流(最終回)「オーベルジュスペシャル」-9月28日(日)22時09分~

ソロモン流(最終回)「オーベルジュスペシャル」-9月28日(日)22時09分~

115
シェア
ソロモン流(最終回)「オーベルジュスペシャル」-9月28日(日)22時09分~

テレビ東京系列で放送している「ソロモン流」は、さまざまなジャンルで活躍している人物を“賢人”として取り上げ、活動や日常生活に密着、そのライフスタイルや人生哲学を紹介するドキュメンタリー番組です。

2014年9月28日(日)22時09分からの放送は、最終回「オーベルジュスペシャル」をお届けします。

今回は、いま大人の遊びとして人気急上昇中の、地方などにある宿泊施設を備えたレストランを意味する、オーベルジュ(Auberge)から厳選した2軒を取り上げます。

オーベルジュ – Wikipedia

1軒目に紹介するのは、東京から近く静岡県・伊豆半島の北に位置する温泉街、修善寺(しゅぜんじ)で絶景を見ながら食事を楽しめる「オーベルジュ フェリス(Auberge Feliz)」。

オーナーは、東京・恵比寿でスペイン料理店を経営していた谷田部茂也(やたべしげや)さん。2006年9月に同店をオープンさせました。

こちらでは、オーベルジュでは主流のフランス料理ではなく、スペイン料理を提供しています。名物はシェフこだわりのパエリア。

谷田部茂也(やたべしげや)「オーベルジュ フェリス(Auberge Feliz)」名物パエリア/オーベルジュスペシャル-9月28日(日)22時09分~【ソロモン流(最終回)】

2軒目は、合掌の里(がっしょうのさと)で知られる富山県南砺市(なんとし)の五箇山(ごかやま)に近い場所に位置するオーベルジュ「薪の音(まきのおと)」。1日3組の限定で、少人数だからこそ提供できる最高のおもてなしとは!?

オーナーは、公務員を辞めてから50歳で開業した山本誠一(やまもとせいいち)さん。転身のきっかけは・・・

館主・山本誠一/里山のオーベルジュ「薪の音(まきのおと)」富山県南砺市(なんとし)館主・山本誠一/オーベルジュスペシャル-9月28日(日)22時09分~【ソロモン流(最終回)】

案内人は、船越英一郎。ナレーションは、魚住りえ。

エンディング曲は、「GRACELAND~ソロモン流のテーマ」 溝口肇(みぞぐちはじめ)。

ソロモン流:テレビ東京

photo credit: mitch98000 via photopin cc