【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

205
シェア
【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

北海道限定のどん兵衛「北のどん兵衛 親子そば」がリニューアルし、2013年8月26日(月)より発売となりました。

ご存知「日清のどん兵衛」は日清食品が1976年(昭和51年)から発売しているロングセラー商品。マルちゃんの「赤いきつね」「緑のたぬき」と人気を二分する王道カップ麺としての地位を保ち続けています。あなたはどっち派?ちなみに、日本初のカップうどんは「マルちゃんのカップうどんきつね」なんですって。

そんな「どん兵衛」から2009年に北海道限定で発売開始となった「北のどん兵衛」シリーズは地産地消をコンセプトに、道産子の味覚に合わせ北海道産の利尻昆布を使った甘みと旨みをきかせた出汁が特徴で、製造は「札幌日清千歳工場」とまさに北海道仕様の「どん兵衛」です。

商品ラインナップは「北のどん兵衛 北のどん兵衛 」「北のどん兵衛 きつねうどん」「北のどん兵衛 天ぷらそば」「北のどん兵衛 カレーうどん」そして今回ご紹介する「北のどん兵衛 親子そば」の計5種類となっています。(2013年8月現在)

2011年3月に誕生した「北のどん兵衛 親子そば」は具材に鶏肉と卵を使った親子丼ならぬ、親子蕎麦。商品説明には「北海道ならではのメニュー」とあるんだけど、北海道で親子蕎麦ってそんなにポピュラーだったっけ?蕎麦屋のメニューで見たことないんだけど、知る人ぞ知るってやつなのかな?

今回のリニューアルでは「かきたま」が卵の風味をより感じられるように、ふんわりとした食感に変更されています。というわけで、新旧・親子そばを食べ比べてみましたよっと。

[divider]

(左)リニューアル前(右)リニューアル後

親子そばの前に「ふんわりたまごの」のコピーを追加、ふんわり感を強調

【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

(左)リニューアル前(右)リニューアル後

かやくがキューブ状に

【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

リニューアル前

【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

リニューアル後

【北のどん兵衛】ふんわりかきたまが美味しい「北のどん兵衛 親子そば」リニューアル新発売【札幌日清千歳工場】

麺、つゆ自体は変わっていませんが、今回のリニューアルで卵が細かくなり、つゆ全体と混ざることで以前と比べて卵の風味をより強く感じました。

[box type=”shadow” ]油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油、卵粉)、スープ(糖類、食塩、魚介エキス、たん白加水分解物、醤油、かつおパウダー、野菜エキス、昆布パウダー、香辛料、魚介調味油、香味油)、かやく(卵、味付鶏肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、増粘剤(キサンタンガム)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、さば、ゼラチンを含む)[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

日清食品

ニッポンのうどん 日清のどん兵衛

北のどん兵衛 親子そば [北海道]|製品情報|日清食品

photo credit: Pixel Addict via photopin cc