【流れ星に願いを】2013年は最高の条件で極大をむかえる「ペルセウス座流星群」

【流れ星に願いを】2013年は最高の条件で極大をむかえる「ペルセウス座流星群」

154
シェア
【流れ星に願いを】2013年は最高の条件で極大をむかえる「ペルセウス座流星群」

毎年8月ごろになると活発に活動する「ペルセウス座流星群」。国立天文台によると今年はこんな好条件で観察できる年なんてないよ!っていうぐらい最高の条件がそろっているそうです。

「ペルセウス座流星群」はペルセウス座付近を放射点として出現する流星群で「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」とならび三大流星群のひとつに数えられます。

すでに昨晩から普段より多くの流れ星を観察することができますが、8月13日午前3時頃に流星群の観察に適した3つの条件がそろいます。

その3つの条件とは?

1、極大(流星群の活動がもっとも活発になる)をむかえる

2、放射点(流星群の流れ星がやってくる方向)の高度が高い

3、月が真夜中まえに沈むので月明かりの影響がない

[highlight]8月12日夜から日付がかわって13日の明け方まで[/highlight]の時間帯に多くの流れ星が現れます。

できるだけ街の明かりの影響がなくて空が見渡せる広い場所から観察すれば1時間で50個ほど流れ星を見ることができるみたいですよ。願い事いっぱい考えてのぞむべし。当日、札幌の天気はいまのところ晴れなのでバッチリ見れるよ。

「サッポコを皆さんに見てもらえますように、サッポコを皆さんに見てもらえますように、サッポコを皆さんに見てもらえますように」

[box type=”shadow” ]

[/box]

[box type=”shadow” ] ルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。

7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

極大頃には1時間あたり30個から60個の流星が出現し、年間最大級の活動を見せる。極大の前後数日間は1時間に10個以上の出現がある。お盆や夏休みの時期にあたり、また夜間の気温も高い時期にあたることから、最も観測しやすい流星群と言われることもある。

ペルセウス座流星群の流星は、流れる速度が速く、途中で急激に増光することがある。また、明るい流星や火球が多く、流星痕が残ることも多い。これは、対地速度が59 km/sと流星群の中では比較的速いことによる。比較的明るい為、薄曇りでも雲間から観測する事もできる。

観測しやすい事と、夏休みの時期とも重なり、夏休みの自由研究課題などとして子供向けに各地で観望会が開かれる。

引用元:「ペルセウス座流星群」(2013年3月15日(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ペルセウス座流星群

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

国立天文台 | ペルセウス座流星群

札幌天文同好会 – SAPPORO ASTRONOMY CLUB

札幌 2013年 夏の星空 | 札幌市青少年科学館

photo credit: slworking2 via photopin cc