【熱気球】第40回北海道バルーンフェスティバル-8月8日(木)~11日(日)【上士幌町】

【熱気球】第40回北海道バルーンフェスティバル-8月8日(木)~11日(日)【上士幌町】

131
シェア
第40回北海道バルーンフェスティバル

8日(木)から11日(日)までの4日間、北海道上士幌(かみしほろ)町で「北海道バルーンフェスティバル」が開催されます。
初日となる今日は午前6:00ごろより「ジャッジ・デクレアド・ゴール(※1)」「ミニマム・ディスタンス(※2)」の2競技が行われ、27機の熱気球が会場となる上士幌町航空公園から一斉に離陸しました。

[box type=”shadow” ]※1

大会主催者側が離陸地とターゲットを決定し、競技者は数キロ離れた場所からターゲットを目指す。ターゲット付近にマーカーと呼ばれる目印を落として、よりターゲットに近寄ることができたかを競う。

※2

大会主催者側が決定した離陸地とターゲットが同一ヵ所となる競技。ターゲット付近にマーカーと呼ばれる目印を落として、よりターゲットに近寄ることができたかを競う。離陸して一定時間飛行しなければマーカーを投げることはできない。[/box]

上士幌町は国内で初めて熱気球による競技会が開催された地でこれまで日本選手権が4回行われています。冬には「上士幌ウィンターバルーンミーティング」を開催し、夏とはまた違った白銀の世界に浮かぶ熱気球のすばらしい景観を楽しむことができます。

[box type=”shadow” ]上士幌ウインターバルーンミーティング

引用元:http://www.kamishihoro.jp/sp/balloonmeeting

[/box]

今日から始まった「北海道バルーンフェスティバル」は今年で40回目となる記念大会で全国から32チームが出場します。

熱気球体験搭乗やそれいけ!アンパンマンショーなど各種イベントが盛りだくさんで、10日(土)20:00から始まるバルーングローは10数機の熱気球が並び夜空に浮かびあがります。(※PDFファイル:第40回北海道バルーンフェスティバル概要チラシ

熱気球は球皮とよばれる袋の中の空気を下部に取り付けたバーナーで熱し、外気との比重の違いにより発生する浮力により上昇します。ちなみに熱気球にとって危険な強風や乱流が発生しやすい日中には飛ぶことはできません。そのため早朝や夕方の好条件下での飛行にかぎられます。

そういえば熱気球の一種、天灯(てんとう)を一斉に飛ばすタイのお祭りにいつか行ってみたい。動画だけで鳥肌もんだから、目にしたら感動しすぎて失神してしまうんじゃないか?燃え尽きたあとのゴミの行方が気になるけど、どうなんだろ。日本でもこういうイベントやってほしいす。

動画:Floating Lanterns Festival – Yi Peng / Loy Krathong – Chiang Mai, Thailand

[divider]

動画:2011.8.20第38回バルーンフェスティバルin上士幌

[divider]

[highlight]参考URL[/highlight]

北海道バルーンフェスティバル|北の大空を熱気球が彩る夏の一大イベント|北海道上士幌町

上士幌ウインターバルーンミーティング|北海道上士幌町

北海道上士幌町 – このまちが好きだから みんなで創ろう 元気まち上士幌

photo credit: EJP Photo via photopin cc