2013年2月アメリカ・オクラホマ州で発生した人体自然発火現象ダニー・ヴァンザントのケース/専門家ラリー・アノールドが謎に迫る!/日曜ビッグバラエティ-10月12日(日)20時54分~【ナビゲーター:椎名桔平】

2013年2月アメリカ・オクラホマ州で発生した人体自然発火現象ダニー・ヴァンザントのケース/専門家ラリー・アノールドが謎に迫る!/日曜ビッグバラエティ-10月12日(日)20時54分~【ナビゲーター:椎名桔平】

107
シェア
2013年2月アメリカ・オクラホマ州で発生した人体自然発火現象ダニー・ヴァンザントのケース/専門家ラリー・アノールドが謎に迫る!/日曜ビッグバラエティ-10月12日(日)20時54分~【ナビゲーター:椎名桔平】

2014年10月12日(日)20時54分から放送の日曜ビッグバラエティ(テレビ東京系)は、「世界の衝撃ストーリー~『恐怖と戦慄』の事件SP~」をお届けします。

俳優・椎名桔平のナビゲートで、世界各地で実際に起きた事件の衝撃ストーリーを紹介します。ある日突然、あなたの想像をはるかに超える出来事が起きたら・・・

人体自然発火現象。文字通り、人間の身体が自然に発火する現象を指しますが、これまでに世界各地で数百件と発生しています。

アメリカ・オクラホマ州で発生した人体自然発火現象としか説明ようがない事件を紹介します。2013年2月、同州に暮らしていたダニー・ヴァンザント(Danny Vanzandt)さん(65歳)が、自宅の台所で炭化した状態で発見されました。

彼のまわりの家具は一切焦げておらず、わずか1メートルのところにあったプラスチック製のアイスボックスさえ溶けていなかったという。事件を担当した保安官によるとダニー・ヴァンザントさんの体から自然に発火したとしか考えられないと話している・・・

番組では、人体自然発火現象を数十年にわたって研究している、専門家のラリー・アノールド(Larry Arnold)さんの調査に密着。実際に人体自然発火現象を体験して生き延びた人に取材し、いまだ発生のメカニズムが明らかにされていない謎に迫ります。

ちなみに、人体自然発火現象は英語では「Spontaneous Human Combustion」略して「SHC」。

人体自然発火現象 – Wikipedia

Danny Vanzandt May Have Died From Spontaneous Human Combustion

ParaScience International

ナビゲーターは、椎名桔平。

番組公式サイト:日曜ビッグバラエティ:テレビ東京

photo credit: Jody Art via photopin cc