【動画】幻の果物「ポポー」でジェラートを作って町おこし!島根県美郷町(みさとちょう)バナナとマンゴーとパイナップルを足して3で割った味【ガイアの夜明け】

【動画】幻の果物「ポポー」でジェラートを作って町おこし!島根県美郷町(みさとちょう)バナナとマンゴーとパイナップルを足して3で割った味【ガイアの夜明け】

129
シェア
【動画】幻の果物「ポポー」でジェラートを作って町おこし!島根県美郷町(みさとちょう)バナナとマンゴーとパイナップルを足して3で割った味【ガイアの夜明け】

2014年10月14日(火)22時からの「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)は、「こうして“ふるさと”救います!~地方再生の新たな手法~」をお届けします。

2014年5月、日本の自治体(1,800)のうち約半数(896)が2040年までに消滅すると予測した「消滅可能性都市」というリストが公開されました。

このままでは自分たちが住む地域から人がいなくなってしまう・・・そんななか、国に頼らず自分たちの力で地方再生に取り組む地域がありました。まず紹介するのは、京都の中部に位置する限界集落※の京丹波町長瀬地域で、メキシコ原産の唐辛子「ハラペーニョ」を特産にしようと取り組んでいるケース。

※過疎化などで人口の半数以上が65歳以上の高齢者となり、社会的共同生活の維持が困難になっている集落のこと。

【篠ファーム】限界集落を救う!メキシコ唐辛子「ハラペーニョ」を特産に!京丹波町長瀬地域の取り組み【ガイアの夜明け】

また、中国地方の島根県美郷町では、幻のフルーツ「ポポー」を使った名産を作り出そうと、一般から小口投資を募り資金を集めてジェラート作りに取り組んでいます。

島根県美郷町公式サイト|総合トップ

島根県美郷町 | Facebook

幻の果物<<ポポー>>をみんなに食べてもらいたい! – FAAVO島根

番組では、アイデアで自分たちのふるさとを救う、地方再生へのあらたな取り組みを紹介します。

案内人は、江口洋介。ナレーターは、杉本哲太。

番組公式サイト:日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

番組公式ツイッター:ガイアの夜明け 番組公式ツイッター (@gaia_no_yoake) | Twitter

[divider]

ポポー/ポーポー

ポポーは、北米原産のフルーツ。香りが強いのが特徴でバナナとマンゴーとパイナップルを足して3で割ったような味がする。

[box type=”shadow” ]ーポー(英語: Pawpaw、学名:Asimina triloba)は、バンレイシ科に属する落葉高木。果実を食用とする。北米原産。明治期に日本に持ち込まれた。ポポーやポポーノキ、ポポ、アケビガキとも呼ばれる。

温帯で生育する数少ないバンレイシ科の樹木。温帯果樹といっても寒さには非常に強い。

春に紫色の花をつけ、秋には黄緑色の薄い外果皮を持つ果実をつける。問題となる病害虫はほとんどなく、薬剤散布なしでも栽培できる。

引用元:「ポーポー」( 2013年7月9日 (火) 22:01(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ポーポー

[/box]

[box type=”shadow” ]【動画】幻の果物「ポポー」でジェラートを作って町おこし!島根県美郷町(みさとちょう)バナナとマンゴーとパイナップルを足して3で割った味【ガイアの夜明け】

引用元:photo credit: Alice_Crain via photopin cc

【動画】幻の果物「ポポー」でジェラートを作って町おこし!島根県美郷町(みさとちょう)バナナとマンゴーとパイナップルを足して3で割った味【ガイアの夜明け】

引用元:photo credit: alumroot via photopin cc

[/box]

[box type=”shadow” ]
The Paw Paw Tree

[/box]