【赤平市】半世紀以上の歴史。まるで石炭!?「塊炭飴(かいたんあめ)」【炭鉱の街】

【赤平市】半世紀以上の歴史。まるで石炭!?「塊炭飴(かいたんあめ)」【炭鉱の街】

277
シェア
【赤平市】半世紀以上の歴史まるで炭!?「塊炭飴(かいたんあめ)」【炭鉱の街】

北海道空知地方の中部に位置する赤平市(あかびらし)。

かつては石炭産業で栄え、最盛期には約60,000人の人口でしたが、現在では約12,000人までに激激しています。

石炭産業遺産をいかして観光に力をいれている赤平には市内にかつては栄えた石炭の町としての面影を感じることができるスポットが点在しています。そのなかのひとつ、ズリ山(商品価値のない石炭を積み上げた山)階段の階段数は777段で日本一です。(※777段日本一のズリ山階段 | 赤平市

赤平で採れた高品質の塊炭(大きな塊の石炭の意)そっくりの飴、その名も「塊炭飴」をご紹介します。製造は石川商店。

まだ炭鉱が盛んだった戦前からつくられていて、半世紀以上の歴史があります。時代の変遷の中でエネルギーの主役は石炭から石油へとかわり、かつての輝きを少しづつ失っていった町とともに歩んできた「塊炭飴」。かつては「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭は姿を消し、かわりに黒い輝きをはなつ「塊炭飴」・・・なんだか哀愁とロマンを感じませんか?

上手に書けないのでさっさとレビューにいきましょう。原材料はこちら。

[box type=”shadow” ]ビートグラニュー糖、水あめ、ニッキ油、植物炭末色素(竹炭)[/box]

北海道産のビート糖(甜菜糖)を使い、着色は竹炭です。1つ、1つの大きさがなかなかでものによっては、さらに砕かないと大きすぎてお口にはいりません。ニッキの風味がピリピリと刺激を感じるほど強い。

【赤平市】半世紀以上の歴史まるで炭!?「塊炭飴(かいたんあめ)」【炭鉱の街】【赤平市】半世紀以上の歴史まるで炭!?「塊炭飴(かいたんあめ)」【炭鉱の街】【赤平市】半世紀以上の歴史まるで炭!?「塊炭飴(かいたんあめ)」【炭鉱の街】

[highlight]参考URL[/highlight]

北海道赤平市ホームページ | 赤平市