コスタ・コンコルディアの座礁事故(2012年1月13日)運航会社に100万円ユーロ(約1億4千万円)の訴訟を起こした女性クリスティーナがついた嘘とは!?/ザ!世界仰天ニュース「とんでもない大ウソスペシャル!」-10月15日(水)21時~

コスタ・コンコルディアの座礁事故(2012年1月13日)運航会社に100万円ユーロ(約1億4千万円)の訴訟を起こした女性クリスティーナがついた嘘とは!?/ザ!世界仰天ニュース「とんでもない大ウソスペシャル!」-10月15日(水)21時~

83
シェア
コスタ・コンコルディアの座礁事故(2012年1月13日)運航会社に100万円ユーロ(約1億4千万円)の訴訟を起こした女性クリスティーナがついた嘘とは!?/ザ!世界仰天ニュース「とんでもない大ウソスペシャル!」-10月15日(水)21時~

日本テレビ系列で放送している「ザ!世界仰天ニュース」は、世界で起きたさまざまな事件や事故などを、再現VTRとともに紹介する番組です。

2014年10月15日(水)21時からの放送は、ザ!世界仰天ニュース「とんでもない大ウソスペシャル!」をお届けします。

2012年1月13日、豪華客船「コスタ・コンコルディア(Costa Concordia)」が、イタリア・スカーナ州の沖合い300メートルで浅瀬に乗り上げ座礁するという事故が起きました。

船体には大きな穴が開き、そこから浸水して少しづつ傾き始める船・・・

一刻も早く避難しなければならないが、どういうわけか一度出た避難指示が解除される。4,200人の乗客が避難を始めたのは事故発生から1時間以上経ってからでした。

なんと、乗客と船を守る責任を負っているはずの船長フランチェスコ・スケッティーノは、あろうことか乗客たちを置いていの一番に救命ボートに乗り込み避難していたのであった。

こうした船長の無責任の行動の結果、死者30人、負傷者60人、行方不明者2人という大惨事に。

事故後、乗客だったある1人の女性クリスティーナが流産したとして運航会社「コスタ・クルーズ」を相手に100万円ユーロ、日本円にして約1億4,000万円の訴訟を起こしました。この女性の弁護を担当したのは、若くて有能なジャチント・カンツォーナ弁護士。

この訴訟はイタリアのメディアで大きく扱われましたが、なんと乗客名簿に女性の名前はなかったのです・・・

「伊客船事故で流産」はうそ – AFPBB News

[box type=”shadow” ]スタ・コンコルディアの座礁事故(コスタ・コンコルディアのざしょうじこ)とは、2012年1月13日、コスタ・クルーズ所有のクルーズ客船コスタ・コンコルディアが、イタリアのジリオ島付近にある浅瀬で座礁し、浸水・転覆した海難事故である。

2012年1月13日(金曜日)の午後9時42分頃(現地時間)、イタリアのチビタベッキア港を出港して同国サヴォナ港へ向かう予定の[1]コスタ・コンコルディアは、トスカーナ州沖合のジリオ島付近の浅瀬に乗り上げて座礁する。

事故が起きたのは、1912年4月14日に起きたタイタニック号の事故からちょうど100年目で、同じ客船の海難事故からも、事故をタイタニック号に例える乗客が少なくなかった。同船には、タイタニック号犠牲者の遺族も乗船していた。さらに、1月19日には、座礁当時、船のレストランでBGMとして映画タイタニックのセリーヌ・ディオンによる主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」が流れていたことがスイス人乗客により判明した。また、事故が起きた日は、ちょうど13日の金曜日であった。

引用元:「コスタ・コンコルディアの座礁事故」(2014年7月20日 (日) 11:19(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/コスタ・コンコルディアの座礁事故

[/box]

司会は、笑福亭鶴瓶、中居正広(SMAP)。アシスタントは、久野静香(日本テレビアナウンサー)。

ゲストは、黒川智花、仲里依紗、渡部建・児嶋一哉(アンジャッシュ)。

番組公式サイト:ザ!世界仰天ニュース

photo credit: faheemhdk via photopin cc