「臭い玉(においだま)/膿栓(のうせん)」を放置していると重大な病の危険が!?対策法とは!?/ためしてガッテン「“風邪はノドから”その体質に潜む病SP」【10月22日(水)20時~】

「臭い玉(においだま)/膿栓(のうせん)」を放置していると重大な病の危険が!?対策法とは!?/ためしてガッテン「“風邪はノドから”その体質に潜む病SP」【10月22日(水)20時~】

113
シェア
「臭い玉(においだま)/膿栓(のうせん)」を放置していると重大な病の危険が!?対策法とは!?/ためしてガッテン「“風邪はノドから”その体質に潜む病SP」【10月22日(水)20時~】

NHK総合で放送している生活情報番組「ためしてガッテン」は、身近な生活の疑問について、最先端の科学と実験で“ためして”みて“ガッテン(合点)”がいくまで徹底的に調査する生活情報番組です。

いつも作っていたあの料理が、ちょっとした工夫で見違えるほど美味しく変身したり、これまで信じていた健康法がじつは間違えていた、など目からウロコの情報が満載です。

2014年10月22日(水)20時からの放送は、「“風邪はノドから”その体質に潜む病SP」をお届けします。

咳をした拍子に口から飛び出すクリーム色をした米粒のような物体。潰すと信じられないほどの悪臭が・・・巷では「臭い玉(においだま)」と呼ばれていますが、喉の奥の「扁桃(へんとう)」の表面にある穴「腺窩」に溜まってできます。

正式名称は「膿栓(のうせん)」。

これまでは身体に悪影響を及ぼさないと考えられていましたが、なんと!そのままにしていると腎臓病や心臓病など重大な病につながる恐れが明らかになってきました。番組では、その実態と予防法を紹介します。

[box type=”shadow” ]の奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)をはじめとした咽喉内の扁桃は、進入してくる細菌やウイルスなどを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがある。

この扁桃の表面にある腺窩と呼ばれる小さな穴に、剥脱上皮、リンパ球や白血球、細菌塊、炎症性崩壊産物、脂肪酸、コレステリン、燐酸石灰、食物残渣などが溜まることにより形成される。

大きなものでは直径3〜5mm程度、色は薄黄色、黄緑色または乳白色をしており、潰すと下水道が逆流した際のような強い臭気を放つ。喉の構造や扁桃の形状などにより、体外排出に個人差はあるが、膿栓自体は誰でも持っているものである。

引用元:「膿栓」(2014年6月22日 (日) 03:42(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/膿栓

[/box]

司会は、立川志の輔、小野文惠(NHKアナウンサー)。語りは、生野文治(しょうのぶんじ)。

ゲストは、山瀬まみ、小林幸子、内山信二。

番組公式サイト:NHK ためしてガッテン – NHKオンライン

photo credit: kevin dooley via photopin cc