【バナナマンの決断は金曜日!】“歌うドラマー”シシド・カフカ(1985年6月23日-)宍戸佑名(ししどゆうな)の素顔に迫る!-10月24日(金)23時30分~【ドラマ「ファーストクラス」川島ナミ絵】

【バナナマンの決断は金曜日!】“歌うドラマー”シシド・カフカ(1985年6月23日-)宍戸佑名(ししどゆうな)の素顔に迫る!-10月24日(金)23時30分~【ドラマ「ファーストクラス」川島ナミ絵】

107
シェア
【バナナマンの決断は金曜日!】“歌うドラマー”シシド・カフカ(1985年6月23日-)宍戸佑名(ししどゆうな)の素顔に迫る!-10月24日(金)23時30分~【ドラマ「ファーストクラス」川島ナミ絵】

バラエティ番組「バナナマンの決断までのカウントダウン」が金曜日23時30分枠に移動してパワーアップ!2014年10月24日(金)23時30分からは「バナナマンの決断は金曜日!」をお届けします。

今回の決断ゲストは、江崎グリコ「プリッツ」のイメージキャラクターに起用され、歌いながら激しくドラムを叩くCMで話題となったミュージシャンのシシド・カフカ(1985年6月23日-)さんが登場!ちなみに、ロケ地はチェコにある世界遺産「ストラホフ修道院」だそう。

モデルとしても活躍しているシシド・カフカさんですが、10月15日(水)からスタートした新ドラマ「ファーストクラス」で女優デビューをはたし「TATSUKO YANO」の若手デザイナー・川島ナミ絵(かわしまなみえ)を演じています。

ファーストクラス – フジテレビ

番組では、そんなシシド・カフカさんの人生の決断とその素顔に迫ります。シシド・カフカ(宍戸佑名/ししどゆうな)さんはメキシコで生まれ、12歳のときに父親の仕事の都合でアルゼンチンへ移住します。14歳のときに両親から電子ドラムをプレゼントされたことがきっかけで本格的にドラムを始めます。

日本に帰国後、高校生時代からバンド活動をはじめ、いくつものバンドを掛け持ちしながらデビューを目指していましたが、なかなか夢は叶わず、歌うドラマーという独自のスタイルで自らの力でプロデビューの切符を手に入れました。

また、シシド・カフカさんの買い物風景や、1人焼肉など貴重な素顔を見逃すな!

ちなみに、「カフカ(kavka)」とは、チェコ語で「コクマルガラス(黒丸鴉)」という鳥を意味しています。「変身」などで知られるチェコ出身の作家フランツ・カフカもこの鳥が由来になっているといわれています。

シシド・カフカ | Official Website THE DRUM’N’GIRL SHISHIDO KAVKA

shishidokavka (@shishido_kavka) | Twitter

シシド・カフカ | Facebook

シシド・カフカ – Wikipedia

出演は、設楽統・日村勇紀(バナナマン)、吉村崇(平成ノブシコブシ)。

番組公式サイト:バナナマンの決断は金曜日! – フジテレビ

[box type=”shadow” ]
シシド・カフカ / 絶体絶命/カヴァー

[/box]

photo credit: Lili Vieira de Carvalho via photopin cc