【北海盆踊り】大通公園で北海盆踊りが明日から始まるよ。-8月14日(水)~20日(火)【ちゃーんこちゃんこちゃんこ】

【北海盆踊り】大通公園で北海盆踊りが明日から始まるよ。-8月14日(水)~20日(火)【ちゃーんこちゃんこちゃんこ】

136
シェア
【北海盆踊り】大通公園で北海盆踊りが明日から始まるよ。-8月14日(水)~20日(火)【ちゃーんこちゃんこちゃんこ】

8月14日(水)から20日(火)、大通公園2丁目にて「北海盆踊り」が開催されます。

-北海盆踊り
北海道でお盆の時期に開催される盆踊りを「北海盆踊り(ほっかいぼんおどり)」といいます。特徴は「子供の部(子供盆踊り)」と「大人の部(北海盆踊り)」の2部構成になっている点でしょうか。大通公園の「北海盆踊り」も18:00~19:00(子供の部)と19:00~21:00(大人の部)にとわかれています。

ちなみに、使用する曲もわかれていて、子供用は「子供盆おどり唄」、大人用は「北海盆唄」で、道産子はこの2曲を聞くとたちまち郷愁に誘われます。

[divider]

※子供盆おどり唄

[divider]

※北海盆唄

[divider]

この時期、札幌市内いろんな場所でやってるけど、北海道神宮ででも西駐車場にて8月14日(水)から16日(金)まで盆踊りが行われます。子供の部は19:00~20:00、大人の部は20:00~21:00です。

[box type=”shadow” ] 踊り(ぼんおどり)は、盆の時期に死者を供養するための行事、またその行事内で行なわれる踊り。

盆踊りとは元々は仏教行事である。平安時代、空也上人によって始められた念仏踊りが、盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事として定着していった。

鎌倉時代には一遍上人が全国に広めたが、一遍や尼僧らは念仏で救済される喜びに衣服もはだけ激しく踊り狂い、法悦へと誘い、それにより庶民を巻き込む大ブームを引き起こした。

それ以降は、宗教性よりも芸能に重点が置かれる念仏踊りが生み出され、人々はさらに華やかな衣装や、振り付け、道具、音楽などを競うようになった。室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったといわれている。

現在も、初盆の供養を目的の盆踊りも地域によっては催されている。太鼓と「口説き」と呼ばれる唄に合わせて踊る。口説きは、地区の伝統でもある。初盆の家を各戸を回って踊る所もある。昔は旧暦の7月15日に行われていた。故に盆踊りはいつも満月であった

引用元:「盆踊り」(2013年8月13日 (火) 00:28(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/盆踊り

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

第60回さっぽろ夏まつり 2013年7月19日(金)~8月20日(火):北海盆踊り

第60回さっぽろ夏まつり 2013年7月19日(金)~8月20日(火)

小樽ニュー三幸

さっぽろテレビ塔公式サイト – 株式会社さっぽろテレビ塔

photo credit: midorisyu via photopin cc