幻のタマネギ「札幌黄(さっぽろき)」を知っとるけ?

幻のタマネギ「札幌黄(さっぽろき)」を知っとるけ?

239
シェア
幻のタマネギ「札幌黄(さっぽろき)」を知っとるけ?

[box type=”shadow” ]幻のタマネギ「札幌黄(さっぽろき)」を知っとるけ?

引用元:http://www.city.sapporo.jp/higashi/about/sapporoki/

[/box]

札幌市東区で栽培されているタマネギ「札幌黄(さっぽろき)」が市やJAさっぽろが進める、消費拡大への取り組みが、国の「食のモデル地域育成事業」に認定されました。

-食のモデル地域育成事業

「食のモデル地域育成事業」ってなんぞやっていう話なんだけど、詳しくは農林水産省のウェブサイトから「平成25年度日本の食を広げるプロジェクト事業のうち食のモデル地域育成事業に係る公募について」をご覧いただくとして、簡単に説明すると地域食材の消費拡大のために頑張ってくれたら国が支援するよってことです。

-札幌黄

道外では認知度はほとんどないと思うけど、札幌市内で栽培されているタマネギの品種です。他の品種に比べて日持ちがせず、生産量も少なく、なかなか市場に流通しないために「幻のタマネギ」と呼ばれています。

栽培の歴史は古く、明治初期にまでさかのぼり、札幌農学校に赴任したウイリアム・ペン・ブルックス(William Penn Brooks)教授が札幌村(現在の札幌市東区)の農家に栽培指導し、アメリカ原産の品種「イエロー・グローブ・ダンバース」の栽培に成功したことからはじまります。

その後、品種改良を重ね「札幌黄」が誕生し、北海道中に広がりましたが、やがて、より病気に強い品種に取って代わられ、徐々に生産量は減少していきました。

一般に流通しているタマネギとの違いは、より肉厚で柔らかい点。加熱すると甘みが強くなるため煮込み料理に向いています。

札幌市東区のラーメン製造販売会社「オシキリ製麺株式会社」からは「札幌黄」を練りこんだラーメンが販売されていたりと、消費拡大に向けて少しづつではありますが、ブランド価値が高まっている感があるかな。

[divider]

[highlight]関連動画[/highlight]

オシキリ製麺

[divider]

[highlight]参考URL[/highlight]

東区特産のたまねぎ札幌黄/札幌市東区

JAさっぽろ[札幌市農業協同組合]

「札幌黄ふぁんくらぶ」特別事業「札幌黄オーナー制度」の開始について

農林水産省/平成25年度日本の食を広げるプロジェクト事業のうち食のモデル地域育成事業に係る公募について

札幌黄ねりこみラーメン – オシキリ製麺 株式会社