【蒸気機関車】蒸気機関車「SLニセコ号」札幌~蘭越間を9月14日(土)から運転開始【秋季恒例】

【蒸気機関車】蒸気機関車「SLニセコ号」札幌~蘭越間を9月14日(土)から運転開始【秋季恒例】

149
シェア

JR北海道では、9月14日(土)~11月4日(月)までの土曜日・日曜日・祝日の20日間、秋の紅葉シーズンに合わせて「SLニセコ号」を運転します。運転区間は函館本線札幌~小樽~倶知安~ニセコ~蘭越間。札幌~倶知安間が全車指定席、倶知安~蘭越間が全車自由席となります。

「SLニセコ号」は2000年より運行している蒸気機関車牽引による臨時列車で、1995年まで運行されていた「C62ニセコ号」の後継。

木枠の椅子など昭和初期のデザインを再現した客車内には紅葉を意識した装飾がほどこされ、2号車カフェカーでは沿線のスイーツを販売します。車内では様々なイベントが催されるほか、スタンプラリーや駅発着の散策コース、日帰り旅行プランを用意。

運転開始の9月14日(土)は、小樽駅4番ホームにてSLニセコ号運行推進協議会の主催で出発式が行われます。9:35~9:55頃の予定。

雪化粧した羊蹄山(別名・蝦夷富士)をバックに秋の北海道を運行する「SLニセコ号」は感動もんでっせ!

ちなみに、蒸気機関車は「Steam Locomotive」の頭文字をとって「SL」と呼ばれますが、和製英語なので海外では通じませんです。

[highlight]関連動画[/highlight]

SLニセコ号2010 走行映像ダイジェスト[前編]

[highlight]参考URL[/highlight]

JR北海道- Hokkaido Railway Company

SLニセコ号(43系※一部オハ35系)|車両の紹介|JR北海道 列車ガイド

秋の風物詩「SLニセコ号」を今年も運転します! – JR北海道(PDFファイル)

photo credit: “KIUKO” via photopin cc