渡辺隆行(わたなべたかゆき)九州大学工学研究院教授が取り組む水からプラズマを発生させる装置とは!?/夢の扉+「あらゆるゴミが蒸発!?10000℃で未来を拓く!」-11月9日(日)18時30分~

渡辺隆行(わたなべたかゆき)九州大学工学研究院教授が取り組む水からプラズマを発生させる装置とは!?/夢の扉+「あらゆるゴミが蒸発!?10000℃で未来を拓く!」-11月9日(日)18時30分~

126
シェア
渡辺隆行(わたなべたかゆき)九州大学工学研究院教授が取り組む水からプラズマを発生させる装置とは!?/夢の扉+「あらゆるゴミが蒸発!?10000℃で未来を拓く!」-11月9日(日)18時30分~

TBS報道局が総力をあげて日本を元気にするドキュメンタリー番組「夢の扉+」は、 中井貴一・坂口憲二・向井理の世代をこえた男たちがタッグを組み週替わりでナレーションを担当。

汗水ながす主人公達の応援歌として流れる番組主題歌は、小田和正の「やさしい雨」。

2014年11月9日(日)18時30分からの放送は、水から“プラズマ”を発生させる新技術を世界へ「あらゆるゴミが蒸発!?10000℃で未来を拓く!」をお届けします。

日本において年間発生する産業廃棄物はじつに3億8千万トン以上という膨大な量に上る。これまで埋め立てたりしていたゴミを分子レベルで処理する技術が生まれつつある。それが、温度1万度以上にもなる「プラズマ」を活用した技術。

ドリーム・メーカー、九州大学工学研究院の渡辺隆行(わたなべたかゆき)教授が取り組む、水からプラズマを発生させる装置が実用化すれば、ゴミが抱える問題を一挙に解決する可能性を秘めている・・・

九大 化学工学部門 渡辺研究室 熱プラズマと大気圧プラズマによる材料合成と廃棄物処理,月資源利用

ドリーム・メーカーは、渡辺隆行(わたなべたかゆき)(九州大学工学研究院化学工学部門教授)。

ナレーターは、坂口憲二。

番組公式サイト:夢の扉+|TBSテレビ

番組公式ツイッター:夢の扉+ (yumetobiplus) on Twitter

番組公式フェイスブック:TBS「夢の扉+」 | Facebook

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」11月9日 #175「10000℃の水プラズマで未来を照らせ!」

[/box]

photo credit: @notnixon via photopin cc