【江戸時代の京焼の名工が作った大珍品とは!?】開運!なんでも鑑定団「母が魚を切っていたのは鎌倉期の名刀!?」【ゲスト:新田恵利(にったえり/1968年3月17日-)】

【江戸時代の京焼の名工が作った大珍品とは!?】開運!なんでも鑑定団「母が魚を切っていたのは鎌倉期の名刀!?」【ゲスト:新田恵利(にったえり/1968年3月17日-)】

100
シェア
【江戸時代の京焼の名工が作った大珍品とは!?】開運!なんでも鑑定団「母が魚を切っていたのは鎌倉期の名刀!?」【ゲスト:新田恵利(にったえり/1968年3月17日-)】

2014年11月11日(火)20時54分からの「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)は、元おニャン子クラブの新田恵利(にったえり/1968年3月17日-)さんをゲストにまねいてお届けします。

新田恵利のE-AREA(イーエリア) – アメーバブログ

鎌倉時代、足利尊氏(あしかがたかうじ)から足利尊氏から土地を賜った旧家に代々受け継がれてきたお宝が登場。

亡き妻が結婚する際、嫁入り道具として豪商だった実家からもってきたもの。それは、江戸時代の京焼の名工が作った大珍品が登場。その驚きの鑑定結果とは!?

京焼 – Wikipedia

司会は、石坂浩二、今田耕司。進行アシスタントは、吉田真由子。

ゲストは、新田恵利。出張リポーターは、松尾伴内。

ナレーターは、銀河万丈、冨永みーな。

鑑定士軍団は、中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)、永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)、柴田光隆(「刀剣柴田」代表取締役)。

番組公式サイト:開運!なんでも鑑定団|テレビ東京

photo credit: alibash via photopin cc