【“青の都”サマルカンド/“聖都”ヒヴァ/タシュケント/ナヴォイ劇場/タシケント】世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?「ウズベキスタン」【ゲスト:松田凌(仮面ライダーグリドン)ほか】

【“青の都”サマルカンド/“聖都”ヒヴァ/タシュケント/ナヴォイ劇場/タシケント】世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?「ウズベキスタン」【ゲスト:松田凌(仮面ライダーグリドン)ほか】

92
シェア
【“青の都”サマルカンド/“聖都”ヒヴァ/タシュケント/ナヴォイ劇場/タシケント】世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?「ウズベキスタン」【ゲスト:松田凌(仮面ライダーグリドン)ほか】

世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」(フジテレビ系)通称「セカホン」は、国や地域に2人のディレクターがそれぞれ2週間滞在して徹底取材、延べ672時間もの膨大な取材量から、その国や地域の魅力をあますところなく紹介する“見るだけで行った気になれる”海外情報バラエティ番組です。

2014年11月12日(水)19時57分からの放送は、「ウズベキスタン」をお届けします。

今回は、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦のウズベキスタン共和国へ。古くは東西交易路のシルクロードの中継地として栄え、“シルクロードの青い宝石”と呼ばれたウズベキスタン。日本からの直行便も運航しており、近年は日本でも観光地として脚光を浴びています。

というわけで、番組の江種洋二ディレクターは、“青の都”サマルカンド(Samarkand)と“聖都”ヒヴァへ。サマルカンドでは、抜けるような青空とモスクの青いタイルの美しい光景を紹介。ちなみに、同国初代大統領のイスラム・カリモフは、サマルカンド出身。

番組初登場となる武本修ディレクターは、首都のタシュケント(タシケント)でウズベキスタン人の生活の様子を紹介。タシュケントと聞いて思い浮かべるのは、旧ソ連に捕虜にされた日本人たちが建てた「ナヴォイ劇場」。1966年に発生した大地震でほとんどの建物が倒壊するなか、この劇場は無傷だったという。

主食は、ナン(non)またはパティール(patyr)と呼ばれるもの。インド料理店などで出てくるナンとは違い、円形で縁が厚く中央部分が窪んでいるのが特徴でいろいろな種類がある。

司会は、宮迫博之・蛍原徹(雨上がり決死隊)、高島彩。

パネラーは、設楽統・日村勇紀(バナナマン)、ビビる大木、 岡田圭右(ますだおかだ)、皆藤愛子、スギちゃん、田中美保、ちゅうえい(流れ星)、友近、松田凌、眞鍋かをり。

ゲストの松田凌(まつだりょう/1991年9月13日-)は、「仮面ライダー鎧武/ガイム」で城乃内秀保(仮面ライダーグリドン)を演じた俳優。※松田 凌 – キャストコーポレーション/オフィスメイ

番組公式サイト:世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? – フジテレビ

[box type=”shadow” ]【“青の都”サマルカンド/“聖都”ヒヴァ/タシュケント/ナヴォイ劇場/タシケント】世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?「ウズベキスタン」【ゲスト:松田凌(仮面ライダーグリドン)ほか】

引用元:photo credit: Arthur Chapman via photopin cc

[/box]

photo credit: soyignatius via photopin cc