自撮り注意!ダニー・ボウマン(Danny Bowman)毎日10時間かけて200枚をセルフィー(selfie)していた若者がかかった依存症とは!?/ザ!世界仰天ニュース「人には言えない病スペシャル」-11月19日(水)21時~

自撮り注意!ダニー・ボウマン(Danny Bowman)毎日10時間かけて200枚をセルフィー(selfie)していた若者がかかった依存症とは!?/ザ!世界仰天ニュース「人には言えない病スペシャル」-11月19日(水)21時~

141
シェア
自撮り注意!ダニー・ボウマン(Danny Bowman)毎日10時間かけて200枚をセルフィー(selfie)していた若者がかかった依存症とは!?/ザ!世界仰天ニュース「人には言えない病スペシャル」-11月19日(水)21時~

世界で起きたさまざまな事件や事故などを紹介する番組「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)、2014年11月19日(水)21時からの放送は、「人には言えない病スペシャル」をお届けします。

イングランド北東部に位置する工業都市、ニューカッスル・アポン・タイン(Newcastle upon Tyne)に暮らすダニー・ボウマン(Danny Bowman)。ダニーは、15歳のころから自撮り(じどり)にハマるようになる。

海外ではセルフィー(selfie)と呼ばれ、若者を中心に自分を撮ってSNSにアップする行為が流行しているが、彼はいささか度が過ぎた。

同級生の女の子を意識して自撮りにハマったダニーが自信のある1枚をFacebookにアップしたところ「鼻が大きい」と書き込まれてしまう。次第に、ダニーは良い評価を得ようと、次第に自撮りにのめり込んでいく。

学校の勉強に手は付かず中退してしまい、家に引き篭もって毎日10時間かけて200枚も撮るように。しかし、撮っても撮っても満足いくような写真がとれない、思い悩んだダニーは自殺を試みてしまう。寸前のところで親に止められ、精神科医へ。ダニーは外見を気にするあまり身体醜形障害(BDD)となっていたのだった。

現在19歳のダニーは、携帯を持ち歩かないなどリハビリを経てよくなったという。

Danny Bowman describes how selfie addiction drove him to attempt suicide | Daily Mail Online

MCは、笑福亭鶴瓶、中居正広(SMAP)。アシスタントは、久野静香(日本テレビアナウンサー)。

ゲストは、カンニング竹山、井上裕介(NON STYLE)、中岡創一(ロッチ)、tohko、池田エライザ、金田朋子。

番組公式サイト:ザ!世界仰天ニュース

photo credit: ‘Ajnagraphy’ via photopin cc