【「殉愛(じゅんあい)」(幻冬舎)】やしきさくらさんがイタリア人男性と結婚・離婚していたことを百田尚樹さんがツイッターで認める

【「殉愛(じゅんあい)」(幻冬舎)】やしきさくらさんがイタリア人男性と結婚・離婚していたことを百田尚樹さんがツイッターで認める

114
シェア

11月7日(金)に発売された、ベストセラー作家・百田尚樹によるノンフィクション「殉愛(じゅんあい)」(幻冬舎)。発売当日には、TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」で特集を組み大々的に宣伝したが、家鋪さくらさんの経歴について騒動になっている。

きっかけは、家鋪さくらさんがかつて「都会っ子、イタリア・カントリーサイドに嫁ぐ」(※現在は削除済)というタイトルでブログを開設していたことが発覚したことにある。芋づる式に、イタリア人の名前から、結婚式の写真が出てきてしまい騒動に。

ちなみに、このブログの副タイトルは「高層マンション、タクシーの完全都会っ子生活から一転、恋した相手はイタリア・田舎っ子の彼・・・。慣れないカントリーサイドで国際結婚ブログ。」。

アマゾンのレビューは炎上し、評価は星5つが149件に対し、星1つが338件に。

当初は、この事態に対して「人間のクズ」呼ばわりしていた百田さんも、結婚式の写真(https://archive.today/TDQOg)が出てきて方針を変更したのか、11月17日(月)深夜にツイッターを更新。家鋪さくらさんとイタリア人男性との結婚歴を認めています。

本の趣旨とは違うため伏せたと百田さんはおっしゃっているが、そりゃそうだろう。献身的に闘病生活を支えた女性が、やしきたかじんさんと出会う直前にイタリア人男性と結婚していたとなれば、ブレるからね。大衆を感動させられないからね。

それをプライバシーを明かす必要はない、誰にでも隠しておきたい過去はあるからでは都合がよすぎる。

重婚疑惑にも言及していますが、その事実はないとしています。イタリア人男性とは、日本で結婚・離婚したそうで。イタリアで結婚していたら、離婚に3年以上かかるようなので重婚疑惑は限りなくクロでしたが。

どんなに早くても、最低3年以上はかかるイタリアの離婚 – Excite Bit コネタ(1/2)

百田さんはこれで騒動に決着をつけようと思っているのかもしれないけど、無理でしょ。ほかの疑惑に対しても信憑性が増してくるし。