四代目徳田八十吉(とくだやそきち)色の配色で作品を仕上げる技法「彩釉(さいゆう)」とは?/ジョブチューン「職人SP」-11月22日(土)18時55分~

四代目徳田八十吉(とくだやそきち)色の配色で作品を仕上げる技法「彩釉(さいゆう)」とは?/ジョブチューン「職人SP」-11月22日(土)18時55分~

103
シェア

さまざまな職業の“プロフェッショナル”が自身の職業の秘密をぶっちゃけるバラエティ番組「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBSテレビ系)、2014年11月22日(土)18時55分からの放送は、職人SP「超一流の職人が大集結!!醤油・味噌・パンの常識が覆る」をお届けします。

スタジオには日本を代表する職人11人が大集結!そのなかのひとり、陶芸家の徳田八十吉(とくだやそきち)について。

MCは、名倉潤・原田泰造・堀内健(ネプチューン)。進行は、田中みな実。

パネラーは、設楽統・日村勇紀(バナナマン)、土田晃之、吹石一恵、青木崇高、香坂みゆき、千秋、森田みいこ。

番組公式サイト:ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!|TBSテレビ

番組公式ツイッター:ジョブチューン (jobtune_TBS) on Twitter

番組公式フェイスブック:ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます! | Facebook

[divider]

徳田八十吉(とくだやそきち)

北陸、石川県金沢市や小松市などで生産されている色絵の磁器「九谷焼(くたにやき)」の陶工「徳田八十吉(とくだやそきち)」。

徳田八十吉(とくだやそきち)は、従来の九谷焼の絵柄ではなく、数百種類の色を使い分けグラデーションによって作品を仕上げる「彩釉(さいゆう)」という技法を確立。

四代目・徳田八十吉は、三代目の長女で青山学院女子短期大学卒業後、2010年に襲名。初名は順子。

徳田八十吉|陶芸|柳雨軒|石川県|小松市|金平町