【短編映画】「第8回札幌国際短編映画祭」-9月11日(水)~16日(月・祝)【ショートフィルム】

【短編映画】「第8回札幌国際短編映画祭」-9月11日(水)~16日(月・祝)【ショートフィルム】

111
シェア

「第8回 札幌国際短編映画祭(8th Sapporo International Short Film Festival and Market)」が9月11日(水)~16日(月・祝)まで札幌市内で開催されます。

「インディペンデント精神を重んじ、子供たちの未来を考え、新しい世界の価値観を相互理解し、世界の平和を作る」をテーマに、SAPPOROショートフェスト実行委員会と札幌市により開催され、通称「SAPPOROショートフェスト」。国内唯一となる応募作品の売買を行うショートフィルムマーケットを併設し、映画・映像関係者を招いてのセミナーイベントも行われます。

会場はメイン上映会場に「札幌プラザ2・5(札幌市中央区南2条西5丁目・狸小路5丁目)」、特別上映会場として、市民出資によるNPO型のミニシアター「シアターキノ(札幌市中央区南3条西6丁目・狸小路6丁目)」。

今年は世界各国から応募された3,746作品の中から、オフィシャルコンペティション対象作品、スペシャルプログラムなどあわせて約200作品の短編映画を上映します。

初日となる9月11日(水)11:00からは無料プログラムとして文化庁メディア芸術祭受賞作品を上映。上映作品は永野亮「はじめよう」/新井風愉監督、石橋英子「imitation of life」/TAKCOM監督、salyu×salyu「話したいあなたと」/辻川幸一郎監督、ハイスイノナサ「地下鉄の動態」/大西景太監督、Bye Buy/Neil BRYANT監督、On Pause/Mikhail ZHELEZNIKOV監督、開かれた遊び、忘れる眼/ALIMO監督、ぼくもくま/合田経郎監督、布団/水尻自子監督、就活狂想曲/吉田まほ監督、グレートラビット/和田淳監督、夕化粧/胡嫄嫄監督、火要鎮/大友克洋監督の計13作品。

スペシャルプログラムとして東日本大震災関連作品を集めた「After3.11」、ボーカロイド・初音ミクの動画制作者にスポットをあてた「CGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)アワード」他、「女性におすすめ」「映像の旅」「アート&エンターテイメント」「映画好きもびっくり」「刺激的ショート」「ショッキング&ラブ」「国内作品」「北海道セレクション」「ファミリー&チルドレン」を1プログラム90分で上映。9月13日(金)はオールナイト上映となります。

なお、先駆けて8月30日(金) には大通公園6丁目野外ステージにて、同祭の上映作品を中心に上映する無料PR上映会が開催されます。時間は19:00~20:30、座席数に限りあり、雨天中止

前売りチケットは各種プレイガイドで販売中です。>>詳細はこちら

[box type=”shadow” ]【短編映画】「第8回札幌国際短編映画祭」-9月11日(水)~16日(月・祝)【ショートフィルム】

引用元:https://www.city.sapporo.jp/keizai/shortfest/

[/box]

[highlight]関連動画[/highlight]

SSF2012 I-C 06 Last Fragments Of Winter 1min

[highlight]参考URL[/highlight]

札幌国際短編映画祭

SAPPORO Short Fest (sapporoshort) on Twitter

SAPPORO Short Fest | Facebook

札幌国際短編映画祭開催概要/札幌市

シアターキノ

photo credit: Profound Whatever via photopin cc