【インフルエンザに効果あり!NK活性(ナチュラルキラー細胞の働きの強さを表す指標)とは!?】カスペ!「坂上ジュニアの今そこにある日本キケンばなし」-11月25日(火)【台所ダニ/セアカゴケグモ/危険ドラッグ】

【インフルエンザに効果あり!NK活性(ナチュラルキラー細胞の働きの強さを表す指標)とは!?】カスペ!「坂上ジュニアの今そこにある日本キケンばなし」-11月25日(火)【台所ダニ/セアカゴケグモ/危険ドラッグ】

105
シェア
【インフルエンザに効果あり!NK活性(ナチュラルキラー細胞の働きの強さを表す指標)とは!?】カスペ!「坂上ジュニアの今そこにある日本キケンばなし」-11月25日(火)【台所ダニ/セアカゴケグモ/危険ドラッグ】

2014年11月25日(火)19時からは、カスペ!「坂上ジュニアの今そこにある日本キケンばなし」(フジテレビ系)をお届けします。

なにかと物騒な昨今。この時期もっとも多発する空き巣被害や、毒グモなどの危険生物、中高生にも蔓延している危険ドラッグ、エボラ出血熱など殺人ウイルスなどいまの日本は、いろいろな危険が迫っている。我々は、どんな対処をすれば???

というわけで、坂上忍と千原ジュニア(千原兄弟)が危うい日本を守るために、すぐそこに迫る危険について考えます。

知らずに食べていると危ない台所ダニや、関西を中心にじょじょに生息域を広げているセアカゴケグモ、ドアロックさえも破る泥棒などいろいろな危険情報を映像とともに紹介。

スタジオには専門家をまねいて対処方法から徹底解説。インフルエンザに効果があるNK活性(ナチュラルキラー細胞の働きの強さを表す指標)とは!?

MCは、坂上忍、千原ジュニア(千原兄弟)。進行は、加藤綾子(フジテレビアナウンサー)。

ゲストは、IKKO、小峠英二(バイきんぐ)、ざわちん、関根勤、高田延彦、高橋英樹、橋本マナミ、北斗晶、マギー、安めぐみ、YOU、優木まおみ。

番組公式サイト:カスペ! – フジテレビ

[box type=”shadow” ]チュラルキラー細胞(ナチュラルキラーさいぼう、NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要である。

細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられた。形態的特徴から大形顆粒リンパ球と呼ばれることもある。

引用元:「ナチュラルキラー細胞」(2014年3月29日 (土) 12:25(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ナチュラルキラー細胞

[/box]

photo credit: jeans_Photos via photopin cc