世界の一流品ショー!イタリア・ヴェネチア(ベネチア)鏡作りにデヴィ夫人が挑戦!お値段150万円!【世界の果てまでイッテQ!】

世界の一流品ショー!イタリア・ヴェネチア(ベネチア)鏡作りにデヴィ夫人が挑戦!お値段150万円!【世界の果てまでイッテQ!】

139
シェア
世界の一流品ショー!イタリア・ヴェネチア(ベネチア)鏡作りにデヴィ夫人が挑戦!お値段150万円!【世界の果てまでイッテQ!】

バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、2014年11月23日(日)19時58分からの放送は、「珍獣ハンターイモトワールドツアーinコスタリカ」「世界の一流品ショー!ヴェネチア鏡作りに挑戦!inイタリア」をお届けします。

「世界の一流品ショー!ヴェネチア鏡作りに挑戦!inイタリア」は、これまで出演者のリアクションで構成された番組の将来を心配して誕生した新企画。世界の一流品の製造工程を紹介し、実際に製作に挑戦する。

挑戦するのは日本を代表するセレブ、あらゆる一流品に詳しいデヴィ夫人。お供に番組ご意見番の出川哲朗。イタリアで「ヴェネチアの鏡」作りに挑戦。お値段は150万円!

出演は、内村光良、手越祐也(NEWS)、ベッキー、宮川大輔、森三中、イモトアヤコ、デヴィ夫人、出川哲朗、川村エミコ(たんぽぽ)。

番組公式サイト:世界の果てまでイッテQ!

[divider]

ヴェネチア(ベネチア)鏡

古くは金属を磨いた金属鏡が使われてきましたが、現在の鏡に近いものが誕生したのは、13世紀のイタリア・ヴェネツィアでした。ヴェネツィアのガラス職人が錫アマルガム(錫と水銀の合金)をガラスに付着して鏡を製造する方法を発明。一時期は、ヨーロッパの鏡のほとんどをヴェネツィア産が占めていたそう。

しかし、錫アマルガムを使った方法は時間がかかり、18世紀にドイツで硝酸銀溶液を使った方法が発明されると、ヴェネチア鏡は廃れていきます。

[box type=”shadow” ]

大きな地図で見る
[/box]

photo credit: marcp_dmoz via photopin cc