「殉愛(じゅんあい)」(幻冬舎)騒動 関心はやしきたかじんメモの筆跡へ

「殉愛(じゅんあい)」(幻冬舎)騒動 関心はやしきたかじんメモの筆跡へ

85
シェア

百田大先生が命を削って書き上げた純愛ノンフィクション「殉愛(じゅんあい)」(幻冬舎)騒動。

イタリア人年下男性との結婚歴が明らかになり、同著に書かれていることが根本からガラガラと崩壊したわけだが、百田さんは相変わらず強気。よっぽど強力なバックがついているんでしょう。事実、一切テレビでは報じられていませんから、現時点でも何も知らない人が「殉愛(じゅんあい)」を手にして涙していることだと思います。

インターネット上での関心は、すでに結婚歴からやしきたかじんが残したとされる膨大なメモの筆跡について移っています。

たかじんさんとさくらさんの筆跡を比較検証する画像が出回っていますが、百田大先生もこの流れを察知して以下のツイートをリツイートしています。匿名の一般人のツイートをわざわざリツイートして何を言いたいのか。