【鉄人】アジア唯一、北海道初開催「アイアンマン・ジャパン北海道」-2013年8月31日(土)【洞爺湖周辺・羊蹄山麓】

【鉄人】アジア唯一、北海道初開催「アイアンマン・ジャパン北海道」-2013年8月31日(土)【洞爺湖周辺・羊蹄山麓】

149
シェア
【鉄人】アジア唯一、北海道初開催「アイアンマン・ジャパン北海道」-2013年8月31日(土)【洞爺湖周辺・羊蹄山麓】

トライアスロンの国際大会「アイアンマン・ジャパン北海道」が8月31日(土)、洞爺湖周辺・羊蹄山麓で開催されます。

トライアスロン(triathlon)はスイム・バイク・ランの3種目を連続して行う耐久競技で、2000年のシドニーオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。(パラリンピックの正式種目となるのは2016年リオデジャネイロパラリンピックから)

ちなみに「triathlon」はギリシャ語で「3」を意味する接頭辞「tri-」と「競技」を意味する「athlon」との合成語。

競技距離は大会によって様々な規格(※wikipedia-トライアスロン「種類」)で実施されますが、スイム(1.5km)+バイク(40km)+ラン(10km)=51.5kmの「ショート・ディスタンス(オリンピック・ディスタンス)」、スイム(4.0km)+バイク(120km)+ラン(30km)=154kmの「ロング・ディスタンス」、そして最も過酷な、スイム(3.8km)+バイク(180km)+ラン(42.2km)=226kmの「アイアンマン・ディスタンス」があります。

「アイアンマン・ジャパン北海道」は「アイアンマン・ディスタンス」で行われる競技ですが、制限時間17時間でスイム・バイク・ランの合計226kmの完走を目指すなんて、まさにアイアンマン(鉄人)ですね。

今大会はハワイ島コナで開催されるアイアンマン・ワールドチャンピオンシップ(IRONMAN World Championship)の出場をかけて世界中で行われる約30戦の予選のうちの1つで、日本では2009年五島長崎大会(2010年は口蹄疫の影響で中止)以来4年ぶりの開催となります。

コースをざっと説明すると、スイムは高い透明度を誇る洞爺湖畔の珍小島(湖畔と砂州でつながる島。ちなみに「ちんこじま」と読むのだよ*´ω`*)周辺から午前6時にスタートし、バイクは湖畔を半周以上まわったあとアップダウンのある丘陵と長いフラットが組み合わさった羊蹄山を眺めながら走るコース、最後のランで再び湖畔を走りフィニッシュとなります。

この時期の北海道はちょうど夏が終わって秋へと移り変わる気持ちのいい時期なんですが、北海道の雄大な自然を楽しむ余裕なんてないんでしょうね。

[highlight]関連動画[/highlight]

Hawaii Ironman Triathlon 2011 World Championships

[highlight]参考URL[/highlight]

アイアンマン・ジャパン北海道 – Ironman

アイアンマン ジャパン 北海道 (Ironman Japan Hokkaido)

IRONMAN.com

IRONMAN World Championship

佐渡国際トライアスロン大会 – 佐渡市スポーツ振興財団

photo credit: MACCALIVE via photopin cc