【高知県梼原(ゆすはら)町】助成金+匠のワザで廃屋が再生!ついに築55年“薪で支える家”のリフォームが完成【大改造!!劇的ビフォーアフター】

【高知県梼原(ゆすはら)町】助成金+匠のワザで廃屋が再生!ついに築55年“薪で支える家”のリフォームが完成【大改造!!劇的ビフォーアフター】

194
シェア
【高知県梼原(ゆすはら)町】助成金+匠のワザで廃屋が再生!ついに築55年“薪で支える家”のリフォームが完成【大改造!!劇的ビフォーアフター】

劇的リフォームで家族が抱える問題を解決!「大改造!!劇的ビフォーアフター」(テレビ朝日系)、2014年12月21日(日)18時57分からの放送は、2時間スペシャル「感動スペシャル(後編)」をお届けします。

山奥に建つ廃墟のような築55年の薪で支える家のリフォームがいよいよ完成する。

地図にも載っていない道路の先にひっそりと建つその家は、高知県の梼原(ゆすはら)町にありました。電気は通っているもののガス・水道はなく、板1枚だけのいまにも崩れそうな佇まい。住めるようにするには大工事が必要だが予算はなんと100万円・・・

前回の放送では助成金制度を使っていましたね。う~んと思ったのは私だけ?それにしてもよくこんな家を見つけてくるなあ、というか自薦か。

雲の上の町 ゆすはら

司会は、所ジョージ、江口ともみ。ナレーターは、加藤みどり。

番組公式サイト:大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON II | 朝日放送

[box type=”shadow” ]
高知県高岡郡梼原町

大きな地図で見る[/box]

photo credit: The U.S. Army via photopin cc