ウイルス学者・高田礼人(たかだあやと)北海道大学教授/プロフェッショナル仕事の流儀「脅威のエボラ、英知をかけて挑む」-1月5日(月)22時~

ウイルス学者・高田礼人(たかだあやと)北海道大学教授/プロフェッショナル仕事の流儀「脅威のエボラ、英知をかけて挑む」-1月5日(月)22時~

110
シェア
ウイルス学者・高田礼人(たかだあやと)北海道大学教授/プロフェッショナル仕事の流儀「脅威のエボラ、英知をかけて挑む」-1月5日(月)22時~

2015年1月5日(月)22時から放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK)は、「ウイルス学者・高田礼人(北海道大学教授)」をお届けします。

今回のプロフェッショナルは、北海道大学教授のウイルス学者・高田礼人(たかだあやと)さんが登場。

2014年、西アフリカを中心に感染爆発しているエボラ出血熱。世界保健機関(WHO)が発表した最新の被害者数は、死者8,004人、感染者はじつに2万を突破しました。

高田礼人さんは、“殺人ウイルス”とも呼ばれるエボラ出血熱の正体を解明するため、アフリカのジャングルでコウモリを捕らえ、その血液からウイルスを研究し続けています。

番組では、被害の拡大が懸念されているエボラ出血熱の治療を可能とする世紀の発見の瞬間に密着。夢の新薬誕生なるか!?

高田 礼人 – 北海道大学 大学院獣医学研究科・獣医学部

アフリカの森林でエボラウイルスを追う:高田礼人 | 日経サイエンス

エボラ出血熱 – Wikipedia

出演は、高田礼人(北海道大学教授)。語りは、橋本さとし、貫地谷しほり。

番組公式サイト:NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 – NHKオンライン

photo credit: Microbe World via photopin cc