北海道の奇跡食材“幻の黒い豆”「黒千石大豆(くろせんごくだいず)」とは!?血管が若返る!?/主治医が見つかる診療所「健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣」-1月5日(月)18時57分~

北海道の奇跡食材“幻の黒い豆”「黒千石大豆(くろせんごくだいず)」とは!?血管が若返る!?/主治医が見つかる診療所「健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣」-1月5日(月)18時57分~

120
シェア

2015年1月5日(月)18時57分から放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)は、「健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣」をお届けします。

今回は、健康寿命をのばすプロジェクト第2弾と題して、介護を必要としないで健康的に生活できるよう対策に熱心な自治体を取材。そこから見えてくる健康寿命がのびる食材・習慣とは!?

腸内細菌学の権威である辨野義己博士が、大分県の寝たきりにならない島を取材。健康長寿の秘訣、伝統の郷土料理とは!?

日本一の短命県という不名誉な称号を持つ青森県が返上プロジェクトを始動させた!

血管が若返る!?北海道の奇跡食材“幻の黒い豆”「黒千石大豆(くろせんごくだいず)」とは!?

黒千石大豆 – Wikipedia

(お知らせ)1月5日(月)夜7時より「主治医が見つかる診療所」に北竜町の黒千石が「北海道の幻の健康食材」として登場! – 北竜町ポータル(北海道)─ 日本一を誇るひまわりの里 ─

群馬・草津で介護者が半減した認知症を防ぐ歩き方とは!?

草津市認知症施策アクション・プラン|草津市

司会は、草野仁、東野幸治。アシスタントは、森本智子(テレビ東京アナウンサー)。

ゲストは、石田純一、柴田理恵、熊谷真実、篠山輝信、内山信二、児嶋一哉・渡部建(アンジャッシュ)。

番組主治医は、秋津壽男(内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、姫野友美(心療内科)、岡部正(内分泌内科)、中山久徳(内科)。

ゲスト医師は、奥井伸雄(泌尿器科)。ゲスト博士は、辨野義己(腸内細菌学)。

番組公式サイト:主治医が見つかる診療所:テレビ東京

[box type=”shadow” ]千石大豆(くろせんごくだいず)は、黒豆の一種。

実は球形で他の黒大豆と比べて極小粒(100粒重は約10 – 11g)。種皮は光沢があり黒色。子葉色は緑色。葉数に特長があり、普通の大豆が9 – 10枚であるのに対して黒千石大豆は13 – 14枚。積算温度も普通の大豆が2300度であるのに対して2700度。2007年と2006年に日本食品分析センターが行った機能性成分分析結果では、他の黒大豆よりも大豆イソフラボンおよびポリフェノールの値が高い結果となっている。 2008年に北海道大学遺伝子病制御研究所により免疫を担うリンパ球が刺激されて感染抵抗力やがんへの免疫を高め、アレルギー症状を抑えるインターフェロンγの生成を促す物質が発見された。他の黒大豆や豆類に同様の効果が認められる物質は発見されていない。 ほか、抗酸化力の維持が可能な食材として好ましく健康に良い豆として有効利用を目指している。

引用元:「黒千石大豆」(2014年12月16日 (火) 23:03(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/黒千石大豆

[/box]

[box type=”shadow” ]
黒千石大豆・播種から収穫 2014(北海道北竜町) (Kurosengoku Soybean from sowing to harvest in Hokuryu-town, Hokkaido)

[/box]