20年経ってもやっぱり「Mr. Bean(ミスタービーン)」はおもしろい

20年経ってもやっぱり「Mr. Bean(ミスタービーン)」はおもしろい

249
シェア
20年経ってもやっぱり「Mr. Bean(ミスタービーン)」はおもしろい

人間にとって「笑い」というのは身体にいい結果をもたらすそうなんだ。笑うことで副交感神経が優位の状態が続いてストレスが解消されるんだって。免疫力が上がるなんていう話も聞いたことがあるけど、だからアニマル浜口さんはいつも笑っているんだね。

確か、無理にでも笑うだけで効果があるとかで「笑い」が身体にもたらす影響というのはなかなかどうして馬鹿にできません。

同じように「泣く」という行為も、心のデトックスを謳って「涙活」なるものが全国で開かれているように(※【涙を流してスッキリ】涙活(るいかつ)のススメ)人間にとって「泣き笑い」というのは大事なんだね。

最近、笑っていますか?泣いていますか?

というわけで、今日はわたくし編集長が息抜きによく見ている、セリフがないのに面白い、頭の中空っぽにして見ていられるコメディをご紹介します。

それが「Mr. Bean(ミスタービーン)」だ!知らない人は・・・いないよね?

「Mr. Bean(ミスタービーン)」は1990年から95年まで、イギリスの民間放送局「ITV(Independent Television)」で放送されたコメディ番組です。全14話。5年間で14話って意外と少ないね、もっとあるのかと思ってた。

日本でも1990年代後半にNHKで土曜日の夜だかに放送していたし、1997年「ビーン」、2007年「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」と映画にもなっているし、さらに2002年にはローワン・アトキンソンのプロデュースによってアニメにもなり、日本ではアニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」で放送していたので、ご存知の方も多いはず。

独特のオーラを醸しだす男「Mr.ビーン」を演じるのは、「ローワン・アトキンソン(Rowan Atkinson)」。現在、58歳とのことなので、イギリスでの放送開始当初はえーと・・・35歳ですね。35歳!?役柄のせいか、髪型のせいか、格好のせいかわからないけどすごく老けてみえます。つい最近まで、アトキンソンさんってもともとMr.ビーン顔だとおもっていたら、普段のお顔はカッコいい渋めのイギリス紳士です。表情も含めて彼の芸ってことですね。

2012年のロンドンオリンピックの開会式にMr.ビーンとして登場し、サイモン・ラトル指揮による映画「炎のランナー」のテーマ曲を演奏するロンドン交響楽団の一員としてシンセサイザーを演奏しました。もちろん、ただ演奏したわけじゃないですよ。その動画がこちら「Mr. Bean / Rowan Atkinson London 2012 Performance」。

アトキンソンさんは、これでMr.ビーンを演じるのは最後と宣言しているようなので、一ファンとしては残念です。もう1回ぐらい、映画やってくれないかなあ。

youtubeでMr. Beanの公式チャンネル(※http://www.youtube.com/user/MrBean)があるから、暇~な時やちょっと疲れたなあという時にぼーっと見ると意外とスッキリしますよ。お試しあれ。

[highlight]関連動画[/highlight]

Mr. Bean – How to stop a baby from crying

[highlight]参考URL[/highlight]

Mr Bean: Home

Mr. Bean – YouTube

Mr. Bean | Facebook

photo credit: Nono Fara via photopin cc