円城寺雄介(えんじょうじゆうすけ)(37歳)/夢の扉+「救急搬送の所要時間を短縮したスーパー公務員」-2月1日(日)18時30分~

円城寺雄介(えんじょうじゆうすけ)(37歳)/夢の扉+「救急搬送の所要時間を短縮したスーパー公務員」-2月1日(日)18時30分~

114
シェア
円城寺雄介(えんじょうじゆうすけ)(37歳)/夢の扉+「救急搬送の所要時間を短縮したスーパー公務員」-2月1日(日)18時30分~

2015年2月1日(日)18時30分から放送の「夢の扉+」(TBSテレビ系)は、「救急搬送の所要時間を短縮したスーパー公務員」をお届けします。

一刻を争う患者を迅速に病院へと搬送する救急車。その時間は全国平均39.3分、この数字じつは10年前と比べて10分ものびているそう。そんな状況を打破すべく佐賀県庁につとめる円城寺雄介(えんじょうじゆうすけ)さん(37歳)が開発したのは、救急隊員が受け入れ可能な病院を瞬時に判断できる画期的なシステム。

搬送時間の短縮に成功したそのシステムとは!?

円城寺雄介 (@en_george) | Twitter

円城寺 雄介 | Facebook

ドリーム・メーカーは、佐賀県総括本部情報・業務改革課主査の円城寺雄介(37歳) 。

ナレーターは、向井理。音楽は、小田和正「やさしい雨」。

番組公式サイト:夢の扉+|TBSテレビ

番組公式ツイッター:夢の扉+ (yumetobiplus) on Twitter

番組公式フェイスブック:TBS「夢の扉+」 | Facebook

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」2月1日 #186「“たらい回し”をなくせ!スーパー公務員の挑戦」

[/box]

photo credit: kenjonbro via photopin cc