【4位】ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

【4位】ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

100
シェア
ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

[box type=”shadow” ]
ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)

ポーランド(3回目出場)「Touch-And-Go」/第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)
[/box]

[box type=”shadow” ]雪像説明
「Touch-And-Go」と言う題名の雪像は、私たちの人生そのものです。とてもはかなく、予測できないものです。私達一人一人、日々、新しく未知な場所に足を踏み入れています。私達の誰もが未知に触れています。多くの人は未知に対して恐れを抱きます。誰もが勇気を持ちその未知にチャレンジするとは限りません。なかには危機的な状況を怖がる人もいます。この雪像は、床板の後ろに立っている人間を表現しています。不安定な床板は、倒れる可能性もあり、人間を傷つけるどころか殺されかねない状況です。しかし、この勇気ある人間はこの厳しい状況を怖がるどころか、かなり近くに聳え立つ床板を支えることもしないのです。それは、彼には内なる力があり、リスクを冒して、問題に打ち勝つことが許されているからです。私達誰もこのような目に見えない力に直面した経験があります。我々の中に既にこの力を持っている人さえもいます。

貴方は、目に見えない力を持っていますか?

引用元:http://www.snowfes.com/place/contest/contest-1.html

[/box]