【大地の公園】日本ジオパーク委員会(JGC)が北海道三笠市「三笠ジオパーク」認定、「アポイ岳ジオパーク」のGGNへの加盟申請は見送り【geopark】

【大地の公園】日本ジオパーク委員会(JGC)が北海道三笠市「三笠ジオパーク」認定、「アポイ岳ジオパーク」のGGNへの加盟申請は見送り【geopark】

123
シェア
【大地の公園】日本ジオパーク委員会(JGC)が北海道三笠市「三笠ジオパーク」認定、「アポイ岳ジオパーク」のGGNへの加盟申請は見送り【geopark】

地球科学的に見て貴重な地形や地層を有する場所「ジオパーク(geopark)」を認定する機関「日本ジオパーク委員会(JGC)」は、北海道三笠市の「三笠ジオパーク」をはじめとする全国7地域(※)を日本ジオパークに認定しました。

※「三陸ジオパーク(青森県、岩手県、宮城県)」、「佐渡ジオパーク(新潟県)」、「四国西予ジオパーク(愛媛県)」、「おおいた姫島ジオパーク(大分県)」、「おおいた豊後大野ジオパーク(大分県)」、「桜島・錦江湾ジオパーク(鹿児島県)」

「三笠ジオパーク」は、アンモナイトなどの化石や断層変位地形など北海道の大地の生い立ちを体感し、かつては炭鉱の街として栄えた歴史に触れ、博物館やツアーを通じて楽しむことができるようになっています。

また同委員会は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の支援により発足した「世界ジオパークネットワーク(GGN)」への加盟申請を検討していた北海道様似町(さまにちょう)の「アポイ岳ジオパーク」、「霧島ジオパーク」、「白山手取川ジオパーク」を見送り、「阿蘇ジオパーク」の申請を決定しました。

今回の7地域の認定で国内のジオパークは32地域となり、北海道では世界ジオパークにも認定されている「洞爺湖有珠山ジオパーク(伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町)」、「アポイ岳ジオパーク(様似町)」、「白滝ジオパーク(遠軽町)」、「三笠ジオパーク(三笠市)」の4地域となりました。

[box type=”shadow” ][checklist]ジ[/checklist]オパーク(英: geopark)とは、地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園。

地球科学的に見て重要な特徴を複数有するだけでなく、その他の自然遺産や文化遺産を有する地域が、それらの様々な遺産を有機的に結びつけて保全や教育、ツーリズムに利用しながら地域の持続的な経済発展を目指す仕組み。

日本語では「地質公園」と訳されることがあるが、誤訳である。日本ジオパーク委員会では「大地の公園」という言葉を使っている。

引用元:「ジオパーク」(2013年9月25日 (水) 10:09(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ジオパーク

[/box]

[highlight]関連動画[/highlight]

洞爺湖有珠山ジオパーク(壮瞥町)

[highlight]参考URL[/highlight]

日本ジオパーク委員会|産総研地質調査総合センター / Geological Survey of Japan, AIST

日本ジオパークネットワーク

日本ジオパークネットワーク (OfficialJGN) on Twitter

三笠市

三笠ジオパーク – 三笠市

洞爺湖 有珠山 ジオパーク

白滝ジオパーク公式サイト | 自然と文化が融合する場所、白滝ジオパーク | 北海道遠軽町

「アポイ岳ジオパーク」公式サイト-北海道様似町を丸ごと楽しむ大地の公園

photo credit: Joshua Drew Vaughn via photopin cc