内視鏡を入れなくても検査可能!大腸3D-CT検査とは!?女性がん死亡率1位「大腸がん」早期発見スペシャル【主治医が見つかる診療所】

内視鏡を入れなくても検査可能!大腸3D-CT検査とは!?女性がん死亡率1位「大腸がん」早期発見スペシャル【主治医が見つかる診療所】

109
シェア
内視鏡を入れなくても検査可能!大腸3D-CT検査とは!?女性がん死亡率1位「大腸がん」早期発見スペシャル【主治医が見つかる診療所】

2015年2月23日(月)20時から放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)は、「大腸がん 早期発見スペシャル」をお届けします。

今回のテーマは「大腸癌(だいちょうがん)」。日本において女性の癌死亡率1位、男性も2020年までに1位になるといわれているそう。しかし、大腸癌は早期に見つけることが出来れば生存率が高いのも特徴だということで、早期発見スペシャルと題してお届けします。

経験者が語る初期症状とは!?また、内視鏡カメラを入れなくても検査可能な大腸3D-CT検査を女優が体験します。

大腸癌 – Wikipedia

大腸3D-CT検査 – 亀田メディカルセンター

司会は、草野仁、東野幸治。アシスタントは、森本智子(テレビ東京アナウンサー)。

ゲストは、沢田亜矢子、つるの剛士、藤田朋子。

番組主治医は、秋津壽男(内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、中山久徳(内科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)、森一博(消化器内科)、木暮悦子(胃腸内科・消化器内科)。

番組公式サイト:主治医が見つかる診療所:テレビ東京