【ホッキョクグマの双子】マルルがプールの縁から落下【円山動物園】

【ホッキョクグマの双子】マルルがプールの縁から落下【円山動物園】

153
シェア
円山動物園のホッキョクグマの双子/Maruyama Zoo’s Twin Polar Bear Cubs

先日、「マルル」と「ポロロ」を撮影しに円山動物園へ行ったところ、いつもの展示場ではなくてナマケグマの「ゴマキ」がいた檻付きの展示場にいたので、どうしたのかしらと思っていましたらば「マルル」が落下したと知り驚きました。

9月24日(火)午前11時ごろ、「マルル」が足を滑らしてプールの縁から脱出防止用の堀(モート)に転落するという事故が起きたようです。

「世界のクマ館」は現在工事中でララ親子は14日から新しい展示場へ引っ越したばかりで、2週間も経たないうちに起きた事故でした。前展示場はコンクリートが劣化してひび割れていたので、それがいい具合にグリップになっていたのかな?

新しい展示場の地面は見た感じはですけど、なんとなく滑りやすそうではあったけど。

幸いなことに「マルル」には目立った外傷は見られないということなんですが、掘はそこそこの深さがあるので、落ち方によっては・・・と考えると大事にいたらず本当によかったなと。

落下後も次の日から、いつもと変わらず「ポロロ」と元気にプール遊びをしているようなので、一安心です。今回の事故を受けて動物園側は転落防止用の電気柵の取り付けを行うということなんで、それまでは檻付きの狭い場所で「マルル」と「ポロロ」は遊ぶことになりそうです。

[box type=”shadow” ]ホッキョクグマ 『マルル』の転落事故に伴う放飼場の改修について
9月24日(火)午前11時頃、ホッキョクグマ ララ親子展示場におきまして、双子のうちの1頭『マルル』がプールの縁からモート(動物脱出防止用の堀)に転落するという事故がありました。

プールの縁を歩いていたところ足を滑らせて転落したものと思われます。

マルルの状態については担当職員および獣医師が注意深く様子を観察しておりますが、現時点では特段の外傷は認められておらず、元気食欲ともに良好です。

これに伴い、これまでララ親子を展示していた熱帯鳥類館側放飼場の使用を中止し、ララ親子はナマケグマを展示していた隣にある檻付の放飼場で24日16時頃から展示を行っております。(ナマケグマのゴマキは終日屋内寝室で飼育しており、展示をしておりません。)

現在、再発防止のための改修について準備を進めております。

以前ララ親子を飼育していた展示場と同様に、転落抑止のための電気柵の取り付けなどを行う予定です。

引用元:http://www.city.sapporo.jp/zoo/

[/box]

[box type=”shadow” ]
円山動物園のララとデナリの交尾[2012.03.20]

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

ホーム/札幌市円山動物園

photo credit: Pensiero via photopin cc