大島まり(東京大学大学院教授)、金平永二(内視鏡外科医)、鳴瀬益幸(ワンペダル開発者)/夢の扉+「それでも私はあきらめない “言葉の力”スペシャル」【3月1日(日)】

大島まり(東京大学大学院教授)、金平永二(内視鏡外科医)、鳴瀬益幸(ワンペダル開発者)/夢の扉+「それでも私はあきらめない “言葉の力”スペシャル」【3月1日(日)】

128
シェア
大島まり(東京大学大学院教授)、金平永二(内視鏡外科医)、鳴瀬益幸(ワンペダル開発者)/夢の扉+「それでも私はあきらめない “言葉の力”スペシャル」【3月1日(日)】

2015年3月1日(日)18時30分から放送の「夢の扉+」(TBSテレビ系)は、「それでも私はあきらめない “言葉の力”スペシャル」をお届けします。

今回は、これまで番組に登場した主人公たちに共通する“絶対あきらめないストーリー”を紹介します。彼らが夢の扉を開けたのは言葉の力があったから。

流体工学を武器に脳動脈瘤の破裂リスクの解析挑む日本屈指の女性工学博士、東京大学大学院教授の大島まり。しかし過去には女性であるがゆえの差別に悩んでいたといいます。留学先でかけてもらったどん底から救った言葉とは!?

踏み間違い事故をなくしたい、かつてないペダルで自動車の常識に挑んだ町の発明家、ナルセ機材の鳴瀬益幸

傷跡を残さない手術を世に広めるためフリーランスの道を選んだ、内視鏡外科医の金平永二(かねひらえいじ)。彼を救った妻の言葉とは!?

大島研究室 – Oshima Lab – 東京大学

ごあいさつ | 安全なナルセペダル! – ナルセ機材

院長・外科診療顧問 金平永二|メディカルトピア草加病院

ドリーム・メーカーは、大島まり(東京大学大学院教授)、金平永二(内視鏡外科医)、鳴瀬益幸(ワンペダル開発者)。

ナレーターは、坂口憲二。

番組公式サイト:夢の扉+|TBSテレビ

番組公式ツイッター:夢の扉+ (yumetobiplus) on Twitter

番組公式フェイスブック:TBS「夢の扉+」 | Facebook

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」3月1日 #190「それでも、私はあきらめない “言葉の力”スペシャル」

[/box]