山形の伝統野菜「小野川豆もやし(おのがわまめもやし)」とは!?温泉で栽培する!?/ザ!鉄腕!DASH!!

山形の伝統野菜「小野川豆もやし(おのがわまめもやし)」とは!?温泉で栽培する!?/ザ!鉄腕!DASH!!

126
シェア

2015年3月1日(日)放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)、DASH村で培った知識と経験を生かして全国の農家を手伝う企画「出張DASH村」をお届けします。

城島茂と山口達也が向かったのは山形県。そこで見つけたのは雪国で育つ山形の伝統野菜「小野川豆もやし(おのがわまめもやし)」。

「小野川豆もやし(おのがわまめもやし)」は、米沢市の奥座敷といわれる小野川温泉で栽培されています。その栽培方法は、冬季に建てられる小屋に室(むろ)と呼ばれる砂を敷いた木箱に豆をまき、源泉を利用して温められた室ですくすくと育ち1週間ほどで収穫します。

こうして栽培された小野川豆もやしは小野川温泉の土産物店に並ぶとか。大豆の香りが濃いのが特徴で、食べるときは水から茹でるのがポイント。

明治のころから栽培されていたようですが、現在では生産者は数人ほど。

雪菜&小野川豆もやし — 山形県ホームページ

[box type=”shadow” ]
やまがた伝統野菜「雪菜&小野川豆もやし」

[/box]