98歳の現役小児科医・貴島テル子さんが実践する認知症予防とは!?/主治医が見つかる診療所「80歳超えても現役!名医に学ぶ健康法」-3月2日(月)20時~

98歳の現役小児科医・貴島テル子さんが実践する認知症予防とは!?/主治医が見つかる診療所「80歳超えても現役!名医に学ぶ健康法」-3月2日(月)20時~

147
シェア

2015年3月2日(月)20時から放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)は、第2弾「80歳超えても現役!名医に学ぶ健康法」をお届けします。

健康寿命とは誰の手も借りず自立した生活できる寿命を指し、平均寿命よりも10年早く訪れるといわれています。健康寿命を延ばして健康で豊かな人生を送るためにはどうすればいいのでしょうか!?

番組では、80歳を超えた医師が行っている健康法を紹介します。

98歳の小児科医・貴島テル子さんが実践する認知症予防とは!?

80歳の名医が30年間にわたって作り続けるヨーグルトとは!?

司会は、草野仁、東野幸治。アシスタントは、森本智子(テレビ東京アナウンサー)。

ゲストは、瀬川瑛子、田山涼成、渡辺正行。

番組主治医は、秋津壽男(内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、中山久徳(内科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)、森一博(消化器内科)。

番組公式サイト:主治医が見つかる診療所:テレビ東京