ロザリア・ロンバルド(Rosalia Lombardo)イタリア・パレルモの地下納骨堂(カタコンベ)に安置されている世界一美しい少女のミイラ/カスペ!【カプチン・フランシスコ修道会】

ロザリア・ロンバルド(Rosalia Lombardo)イタリア・パレルモの地下納骨堂(カタコンベ)に安置されている世界一美しい少女のミイラ/カスペ!【カプチン・フランシスコ修道会】

132
シェア

2015年3月3日(火)19時から放送のカスペ!「21世紀なのにまだまだあった!!世界の何だコレ!?ミステリーSP」(フジテレビ系)で、イタリアの地下納骨堂に安置されている世界一美しい少女のミイラを取り上げます。

世界一美しい少女のミイラが安置されているのは、イタリアのシチリア島・パレルモにあるカプチン・フランシスコ修道会のカタコンベ(地下納骨堂)。聖ロザリア礼拝堂に安置されている少女の名前はロザリア・ロンバルド(Rosalia Lombardo)といい、1920年に肺炎にかかり2歳でこの世を去りました。

ここのカタコンベには約8,000体ものミイラが安置されていますが、ロザリア・ロンバルドは死後95年経過しているにもかかわらず、まるで眠っているかのようです。

ロザリア・ロンバルド – Wikipedia

カプチン・フランシスコ修道会 – Wikipedia

出演は、関根勤、北斗晶、後藤輝基(フットボールアワー)、水原希子、高橋ユウ。

専門家は、三上丈晴(月刊ムー編集長)、竹本良(UFO研究家)。

進行は、倉田大誠(フジテレビアナウンサー)。

番組公式サイト:カスペ! – フジテレビ

[box type=”shadow” ]

大きな地図で見る
[/box]