弥生の壱「島根県大田市(おおだし)~男ひとりの古民家暮らし~」/人生の楽園-3月7日(土)18時~

弥生の壱「島根県大田市(おおだし)~男ひとりの古民家暮らし~」/人生の楽園-3月7日(土)18時~

124
シェア

2015年3月7日(土)18時から放送の「人生の楽園」(テレビ朝日系)は、弥生の壱「島根・大田市~男ひとりの古民家暮らし~」をお届けします。

今回の舞台は、島根県の日本海に面した大田市(おおだし)。築160年の古民家で暮らす三富洋(みとみよう)さん(69歳)が主人公。

アウトドアが趣味だった三富さんは、横浜の社員寮で寮長を20年近く務めたのち奥さんを残して単身移住をはたしました。家賃1万円の古民家で暮らす憧れの田舎生活は、かまどでご飯を炊き、魚などは近くの漁港から手に入れるというもの。

島根県大田市

楽園の案内人は、西田敏行、菊池桃子。

番組公式サイト:テレビ朝日|人生の楽園