ゆがんで見えたら要注意!加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)藤田弓子と大桃美代子に目の異常が・・・/主治医が見つかる診療所-3月9日(月)20時~

ゆがんで見えたら要注意!加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)藤田弓子と大桃美代子に目の異常が・・・/主治医が見つかる診療所-3月9日(月)20時~

134
シェア
ゆがんで見えたら要注意!加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)藤田弓子と大桃美代子に目の異常が・・・/主治医が見つかる診療所-3月9日(月)20時~

2015年3月9日(月)20時から放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)は、「早期発見!放っておくと失明する病気」をお届けします。

今回は、患者が急増中だという失明の危険もある目の病気「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」を取り上げます。

加齢黄斑変性とは、加齢に伴って目の網膜の中心の黄斑(おうはん)部分が変性する病気。初期症状はゆがんで見える変視症です。

番組では、加齢黄斑変性の症状を詳しく解説、早期発見することで最悪の失明を予防する方法を紹介します。自宅で簡単にでいるチェック方法や、最新の治療法も。

また、スタジオではゲストたちが加齢黄斑変性の検査を実施。藤田弓子と大桃美代子に目の異常が・・・

日本眼科学会:目の病気 加齢黄斑変性

司会は、草野仁、東野幸治。アシスタントは、森本智子(テレビ東京アナウンサー)。

ゲストは、藤田弓子、モト冬樹、大桃美代子。

番組主治医は、秋津壽男(内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、中山久徳(内科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)、深作秀春(眼科)。

番組公式サイト:主治医が見つかる診療所:テレビ東京