新世界「透明標本」冨田伊織(とみたいおり/1983年-)透明骨格標本(とうめいこっかくひょうほん)とは?【生物が透明になるアート】

新世界「透明標本」冨田伊織(とみたいおり/1983年-)透明骨格標本(とうめいこっかくひょうほん)とは?【生物が透明になるアート】

186
シェア
新世界「透明標本」冨田伊織(とみたいおり/1983年-)透明骨格標本(とうめいこっかくひょうほん)とは?【生物が透明になるアート】

透明骨格標本(とうめいこっかくひょうほん)」という標本をご存知でしょうか?

透明骨格標本 – Wikipedia

もともとは通常の骨格標本を作るのが難しい小型動物などの骨格を観察するために開発された技術で、生物のたんぱく質を酵素によって透明にして、硬骨を赤紫(アリザリンレッド)、軟骨を青色(アルシアンブルー)に染色します。

そんな「透明骨格標本」を生命の神秘を伝えるひとつの作品として世の中に広めているのが、冨田伊織(とみたいおり/1983年-)さん。

これまで作品写真集「[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~」「[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2」などを出版し、透明骨格標本界では知られた存在です。

2015年3月9日(月)21時から放送の「日本テレビ+ルーヴル美術館 特別番組」(日本テレビ系)に出演するほか、3月20(金)から3日間の日程で開催される日本最大のアート見本市「アートフェア東京(ART FAIR TOKYO 2015)」に参加予定。

[新世界] 透明標本

shinsekai_th – Twitter

Iori Tomita | Facebook

[box type=”shadow” ]
冨田伊織「[新世界]透明標本」|ウチノヨメ

New world from “Transparent Specimen”: Iori Tomita at TEDxTokyoyz

[/box]

[box type=”shadow” ][新世界] 透明標本
新世界「透明標本」冨田伊織(とみたいおり/1983年-)透明骨格標本(とうめいこっかくひょうほん)とは?【生物が透明になるアート】

引用元:http://www.shinsekai-th.com/

[/box]