「仕事を休みたかった・・・」線路に針金を置いて妨害した男、爆破予告電話も

「仕事を休みたかった・・・」線路に針金を置いて妨害した男、爆破予告電話も

102
シェア
「仕事を休みたかった・・・」線路に針金を置いて妨害した男、爆破予告電話も

JR北海道がレール異常を放置していた問題で、国土交通省は野島誠社長を呼び出して改善指示書を手渡しました。

今回の問題は社内での意思疎通がうまくいっていなかったことが原因だそうですから、一刻も早く対策してもらって信頼回復への道筋を示してもらいたいものです。

とはいっても、7月に覚せい剤取締法違反(使用)でJR北海道の運転士が逮捕されたということがあったんですが、この事件を受けて国土交通省北海道運輸局から提案された全運転士の薬物検査実施を拒否していたっていうんですから、いかりや長介さんのあの言葉が頭の中をよぎりまくります。

改善に期待はできないけど、生活の足として使わざるを得ない我々にとってはなんともやるせない感じではありますが、JR北海道さん本当にお願いします。

そんな中、JR北海道グループの下請け会社の契約社員が仕事を休みたいがゆえに、線路上に針金を置き信号を誤作動させたとして逮捕されました。ダイヤが乱れると仕事が休みになると思ったと供述しているそうで、自分勝手で同情の余地が一切ない動機にびつくりです。

さらに、爆破予告電話も数回したと供述しているそうで、声を大にしてツッコミをいれさせていただきます。

おまえは一体どんだけ休みたいんだよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

これで30を越えているんだから、驚き桃の木山椒の木。

連日、JR北海道について報道されている真っ最中に起きたこの事件、かなり注目を集めていて多くの人の記憶に残ること間違いなしです。

[box type=”shadow” ]北海道北斗市のJR江差線線路に針金を置いて信号の誤作動を起こしたとして逮捕されたJR北海道関連会社の下請け会社契約社員、貴島晃容疑者(33)が、函館駅などに爆破予告の電話を5~6回したと供述していることが4日、道警への取材で分かった。

9月30日午後4時50分ごろ、函館駅に男の声で「木古内方面のトンネルに爆弾を仕掛けた」と電話があり、道警が威力業務妨害容疑で捜査していた。道警は貴島容疑者の電話だったとみて、他の爆破予告の電話も含めて裏付けを急いでいる。

「トンネルに爆弾」予告電話も 線路に針金で逮捕のJR北下請け社員
MSN産経ニュース/2013.10.4 10:19

[/box]

photo credit: Crystl via photopin cc