加賀象嵌(かがぞうがん)の名工・山川孝次が描いた鯉の置物の図/開運!なんでも鑑定団-3月17日(火)20時54分~【ゲスト:秋田豊】

加賀象嵌(かがぞうがん)の名工・山川孝次が描いた鯉の置物の図/開運!なんでも鑑定団-3月17日(火)20時54分~【ゲスト:秋田豊】

154
シェア
加賀象嵌(かがぞうがん)の名工・山川孝次が描いた鯉の置物の図/開運!なんでも鑑定団-3月17日(火)20時54分~【ゲスト:秋田豊】

2015年3月17日(火)20時54分から放送の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)は、「日本には残っていないはずの幻の傑作出現!?」をお届けします。

依頼人の女性は33年前に夫を亡くし、女手ひとつで2人の息子を育て上げた。息子が結婚したら一緒に暮らすつもりで家を建てたが息子は婿にいってしまう。そのため住宅ローンの返済に追われているが、現状を知った交際相手から返済の足しになればと渡された中国の焼物とは!?

加賀象嵌(かがぞうがん)の名工・山川孝次が描いた鯉の置物の図。その実物は海外にしか存在しないと言われてきたがついに発見か!?

司会は、石坂浩二、今田耕司。進行アシスタントは、吉田真由子。

ゲストは、秋田豊。出張リポーターは、原口あきまさ。

鑑定士軍団は、中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)、永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)、大熊敏之(富山大学大学院 芸術文化学研究科教授)。

ナレーターは、銀河万丈、冨永みーな。

番組公式サイト:開運!なんでも鑑定団|テレビ東京