ホタテ漁師・安藤正樹が教える帆立を美味しく食べる方法/ジョブチューン

ホタテ漁師・安藤正樹が教える帆立を美味しく食べる方法/ジョブチューン

119
シェア
ホタテ漁師・安藤正樹が教える帆立を美味しく食べる方法/ジョブチューン

2015年3月21日(土)放送の「ジョブチューン」(TBSテレビ系)は、「日本の超一流農家・漁師・職人3時間SP~常識が覆るぶっちゃけ連発~」。

養殖ホタテの生産量日本4位の岩手県の漁師歴20年になるホタテ漁師・安藤正樹さんが登場。安藤さんが岩手県野田村(のだむら)で行っているホタテ養殖は、一般的な耳吊り(ホタテの耳に穴を開けて紐を通して吊る養殖法)ではなく籠に入れる方法。籠のなかでホタテが自由に泳ぐことが出来、また、成長段階に合わせて籠のなかの個数を調節する手間隙のかけよう。

ホタテを知り尽くした安藤さんのぶっちゃけは、“貝殻は綺麗なもののほうが美味しい(養殖物ではなく海で泳いでいる証拠)”、“身に透明感があるほうが鮮度がいい”。

また、ホタテを最も美味しく食べる方法として、鍋に貝ごといれ水を加えず10分ほど火にかける方法を紹介。

[box type=”shadow” ]岩手県野田村のブランドホタテ「荒海ホタテ」
ホタテ漁師・安藤正樹が教える帆立を美味しく食べる方法/ジョブチューン

引用元:荒海ホタテ

[/box]