ベニズワイガニ漁師・松本士郎(まつもとしろう)オススメの食べ方は!?殻がよりオレンジ色のほうが美味しい(餌が豊富な場所で育った証拠)/ジョブチューン

ベニズワイガニ漁師・松本士郎(まつもとしろう)オススメの食べ方は!?殻がよりオレンジ色のほうが美味しい(餌が豊富な場所で育った証拠)/ジョブチューン

133
シェア
ベニズワイガニ漁師・松本士郎(まつもとしろう)オススメの食べ方は!?殻がよりオレンジ色のほうが美味しい(餌が豊富な場所で育った証拠)/ジョブチューン

2015年3月21日(土)放送の「ジョブチューン」(TBSテレビ系)は、「日本の超一流農家・漁師・職人3時間SP~常識が覆るぶっちゃけ連発~」。

“天然のいけす”といわれ豊富な魚介類がとれる富山湾のベニズワイガニ漁師・松本士郎(まつもとしろう)さんが登場。

番組では、ベニズワイガニ漁の模様を紹介。漁師さんは引き揚げたベニズワイガニに毛布をかける。ベニズワイガニは風が当たるだけで鮮度が落ちる繊細な生き物なんだそうで、それを防ぐため。ちなみに水槽に入れると水っぽくなるんだとか。

ベニズワイガニ漁師・松本士郎さんのぶっちゃけは、“殻がよりオレンジ色のほうが美味しい(餌が豊富な場所で育った証拠)”など。

また、ベニズワイガニを知り尽くした松本さんがオススメする食べ方は、軽く焼いて半生状態で。

天然のいけす富山湾を知る|初めての富山|とやま観光ナビ

[box type=”shadow” ]富山湾

大きな地図で見る
[/box]