破裂した膵臓を病院に行かずに治した風間トオルの貧乏エピソードが強烈すぎると話題に

破裂した膵臓を病院に行かずに治した風間トオルの貧乏エピソードが強烈すぎると話題に

133
シェア

俳優の風間トオル(かざまとおる/1962年8月19日-)が2015年3月27日(金)放送の「明石家さんまのコンプレッくすっ杯 ~芸能界6大コンプレックスNO.1決定戦~」に出演し壮絶な貧乏エピソードを明かしました。

同番組は、誰もが抱える“コンプレックス”にまつわるエピソードを披露するトークバラエティの第5弾。貧乏チームとして出演した風間さんは、次々と壮絶すぎる貧乏エピソードを披露しました。

エピソード①「月の位置を見るだけで・・・」
貧乏な家に生まれた風間さんは、お金がなく時計を買えなかったため、月の位置を見るだけで時間が分かるようになったという。

エピソード②「薬いらず」
怪我をしても傷口に唾と灰をつけたら治ったという。

エピソード③「遊び」
貧乏で玩具を買ってもらえなかったので風間さんは2階から傘を持って飛び降りるという遊びを考案。

エピソード④「万病に効くテクニック」
風間さんは体調が悪くなると病院には行かずに身体の中心に力を入れて治していたんだそう。あるとき、医者から一度破裂した膵臓(すいぞう)が完治していると告げられたという。

toru kazama official web site / 風間 トオル オフィシャル サイト